モンチ・メソッド 第5章 選手の買いだめと外科的な選手獲得(翻訳記事)

2022年3月4日金曜日

Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 シリーズ共通解説 モンチ・メソッド 翻訳記事

t f B! P L

今回も、海外でFMブログのStrikerlessを運営しているGuidoによる連載シリーズのLa Magica; The Monchi Filesの翻訳です。

今回は選手獲得の方針についてです。

モンチ・メソッドの翻訳シリーズはこちらでまとめています。

元ネタはこちらです:La Magica; The Monchi Files — 05. Hoarding Or Surgically Signing – Strikerless

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたしま

移籍は世界のサッカーに欠かせない要素であると言っても過言ではありません。今まで以上に、クラブは優秀な選手を獲得するために莫大な金額を費やしています。選手の移籍金の記録は毎シーズン更新されており、一部のトップ選手が散財する金額は、ほんの10年前にはとんでもないレベルにまで高騰し続けているのです。

徐々に流入してくる資金の影響のひとつに、移籍市場のインフレがある。比較的優秀な選手に対して、クラブもファンも普通だと思っている移籍金が、ここ10年ほどで急激に上昇しているのだ。レアル・マドリードや大富豪が率いるイングランドのクラブは、しばしば平凡な選手に法外な金額を費やす傾向を生み出しました。特定の選手を獲得するために、あるいは選手を競争から遠ざけるために、クラブはそれぞれの資金力を最大限に発揮することがよくあります。例えば、FCバイエルンのようなクラブは、たとえ特定の選手を直接必要としていなくても、潜在的な競争相手から最高の選手を買い取ることで有名です。

このような状況下では、クラブが自らのニーズを予測し、先を見越して計画を立てることがますます重要になってきています。移籍市場での迅速かつ決定的な行動は、優秀な選手の契約書へのサインを得るための決定的な要因となっている。この点において、Football Managerは、シミュレートしようとしている現実の世界と何ら変わりはありません。中心となる問題は、具体的にどうやって先の計画を立てるかということです。

前回のモンチシリーズの記事では、検索パラメータの設定の基礎となる様々な戦略について簡単に触れました。今回の記事では、技術的・戦略的な方法ではなく、複数の戦略の理論的な意味合いを見ていきたいと思います。買いだめするアプローチと、より外科的な方法で選手を獲得するアプローチについては、先に実装方法が述べられていますが、どれが自分に合っているのか、あるいはどのように混ぜ合わせることができるのかをどのように判断すればよいのでしょうか?

移籍の聖なる三位一体(つまり移籍の方針)

もし、あなたが移籍の方針を立てて、買いだめ的なアプローチと外科的な選手獲得のバランスを多少なりとも取りたいのであれば、私が「移籍の聖三位一体」と呼んでいるものに注目する必要があります。聖なる三位一体とは、以下の3つの要素で構成されています。

  1. 誰よりも早く才能を見抜く研ぎ澄まされた鼻
  2. 目標達成のためには、早い者勝ちです
  3. 移籍のたびに、計画や根拠を示す

これは、移籍ポリシーを非常に単純化しすぎているかもしれませんが、これら3つの要素とそれらの間の相互作用が、健全な移籍ポリシーを設定する上で大きな役割を果たしていることは否定できません。

才能を見抜き、認識する

このテーマについては何度も触れてきましたが、才能のある選手を見つけることは何よりも重要です。先の売るために契約の記事では、才能を見抜くという意味で非常に興味深い、いくつかのカテゴリーの選手を紹介しました。スカウトをセットアップして地球の隅々まで探しに行かせることについてはすでに説明しましたが、スカウトのレポートを追跡することは、単にスカウトが出した星の数が多い選手を見つけるほど簡単ではありません。私がスカウティングフィルターを設定する際には、常に考慮すべき点があります。

これは、才能ある選手をどのように探すかということであり、必ずしもどこで探すかということではないということを覚えておいてください。それについては、過去にも、そしてこのモンチシリーズの過去の回にも書いてきました。これは、実際に契約するという意味で、私にとって魅力的な選手の要素についてです。私は、より効率的なスカウティングのために、スカウティング用のビューを作成しました。

これらは、私が考慮に入れている要素です。中にはスカウトのビューで期待されるような一般的なものもあれば、もっと異例で、確かにありきたりではないものもあります。それぞれの要素を見て、なぜそれを概要に含めたのかを説明させてください。

選手ステータス

選手が不満を抱えているか、怪我をしているかどうかを確認することは常に有益です。不満は獲得候補として興味深いターゲットになる可能性がありますが、怪我はより綿密な調査が必要であり、私は契約から手を引くかもしれません。

名前

自分が誰をスカウトしているのかを知りたいのです…

この選手の ベストのポジションに関する スカウトの意見

私は、選手がどのポジションでプレイするのが最も適しているかについて、スカウトの意見に興味があります。なお、これは最初のスカウティングプロセスのための設定であり、コンバートによってすべてを変更する可能性があることをご了承ください。

この選手の ベストの戦術的役割に関する スカウトの意見

私のスカウトはすべてを知り尽くしているわけではありませんが、どの能力が特定の役割に最も適しているかについては、きちんとした考えを持っています。

この選手の ベストの戦術的タスクに関する スカウトの意見

私のスカウトはすべてを知り尽くした完璧な人間ではありませんが、どの能力が特定のタスクに最も適しているかについては、きちんとした考えを持っています。

この選手の 最低要求賃金に関する スカウトの意見

私はいつも、選手の賃金要求がどの程度なのかを知りたいと思っています。というのも、その選手の最低要求額は、特定の選手が最低でもどれくらいのになるのかを示す目安になるからです。

最低額

選手に支払うべき最低限の移籍金は、常に関心事です。

この選手の 最高要求賃金に関する スカウトの意見

私はいつも、選手の賃金要求がどの程度なのかを知りたいと思っています。というのも、その選手の最大要求額は、特定の選手が最大でどれくらいのになるのかを示す目安になるからです。

最高額

選手に支払うべき最大の移籍金は、常に関心事です。

年齢

これも当然のことです。転売の可能性のある選手が欲しいなら、ベテラン選手との契約は避けます。そのため、年齢を知ることは非常に有効です。

出場試合数

あまり活躍していないが、あなたのためにプレイするスキルセットを持っている選手は、興味深いターゲットになり得ます。彼は不満を持っているかもしれませんし、クラブは通常、ベンチウォーマーを手放すことをいとわないからです。

得点

リーグやレベルに関係なく、多くのゴールを決めた選手は、必ず他のクラブから興味を持たれます。転売の可能性のある選手を見つけるという意味でも、重要な要素です。

90分間の平均得点

私の目にはちょっと過小評価されている値です。ベンチ入りが多い選手は一般的にゴールでは目立ちませんが、ここでは出てくるかもしれません。これは、過小評価されている逸材を見つけるのに良い方法だと思います。

平均時間(分) / ゴール

上のデータと同様に、このデータを見ると、思わぬスーパーサブや即戦力となる選手が見つかるかもしれません。

アシスト

アシスト数は繰り返しになりますが、クリエイティブな選手は常に需要があります。アシスト数の多い選手は常に興味深いターゲットです。

90分間の平均アシスト数

これは、90分あたりのゴール数と同様に、私がトップクラブのベンチウォーマーをスカウトする際に使用するデータですが、彼らはしばしば交代要員としてインパクトを与えることができますが、従来は目立たなかったかもしれません。

創出チャンス数

アシストにはチームメイトが実際に攻撃を終える必要があるため、この統計はやや偏ったイメージを与えてしまいます。平均的なフォワードを擁するチームの卓越したプレイメーカーは、努力しても多くのアシストを獲得することはできません。この統計は、選手がチームメイトをゴールに導く頻度を示すものです。

90分間の創出チャンス数

前回のデータとほぼ同じですが、今回はベンチの選手を対象にしています。

平均評価点

ゴールもアシストもしないのに、立派に活躍している選手もいます。彼らの平均的な評価は、この点を反映しています。

ヘディング成功率

特に守備的な選手をスカウティングする際には、空中戦での勝率が非常に参考になります。

身長

スカウティングにはあまり使わない項目ですが、選手の全体的な印象をすばやく把握することができます。

体重

スカウティングにはあまり使わない項目ですが、選手の全体的な印象をすばやく把握することができます。

90分間の平均パス回数

特に、クリエイティブな選手を探しているときには、1試合のパス数が参考になります。

パス成功率

どの監督も正確なパスを持つ選手が好きなので、ポジションに関係なく、これは二次的なスカウティングデータとして役立ちます。

1試合平均タックル数

闘争心の強いMFやDFは、このデータでスカウティングすることができます。

タックル成功率

闘争心の強いMFやDFは、このデータでスカウティングすることができます。

90分間のインターセプト数

チーム内のディフェンスの選手のためのデータです。力強さではなく、サッカーのインテリジェンスを求めている場合、試合中のインターセプトの数は、ファウルの数が多くない堅実なディフェンスのパフォーマンスを示しています。

この選手の 潜在能力に関する スカウトの意見

それほど重要ではないと嘘をつくこともできますが、私が最初にチェックするコラムのひとつなのです。スカウトの評価を100%受け入れるわけではありませんが、リストの最初の刈り込みに利用しています。

この選手の 現在の能力に関する スカウトの意見

それほど重要ではないと嘘をつくこともできますが、私が最初にチェックするコラムのひとつなのです。スカウトの評価を100%受け入れるわけではありませんが、リストの最初の刈り込みに利用しています。

この選手の スタイルに関する スカウトの意見

タイミングが全て

以前にも言ったことがありますが、もう一度言います。Football Managerでの移籍の多くは、選手の評価によって決まります。つまり、選手を売るにしても買うにしても、瞬間的に価値が急上昇したり急下降したりするので、タイミングを見計らう必要があるのです。ここでは、私のセーブゲームの中の2つの例を挙げて、条件次第で選手の価値がどれほど早く上がるかを説明します。Frank BonnとJose Mendesです。

Bonnは23歳のドイツ人の攻撃的MFで、ストライカーのいない戦術にはもってこい選手のようだ。スピードがあり、ドリブルができ、得点力があり、攻撃的MFとしてプレーできる。FCバイエルンに所属していたという経歴は、ワールドクラスの可能性を示唆しているが、キャリアのほとんどをリザーブやフランクフルトへのレンタルで過ごしたという事実は、彼の評価が低かったことを示している。Bonnは、シッタートに到着したとき、素晴らしいスキルセットを持っているにもかかわらず、誰からも注目されていなかった。FCバイエルンでは、フォワードラインがさらに優れていて、攻撃的MFを使っていなかったため、試合に出ることができなかったのだ。ボンはフランクフルトでも同じような問題に直面していた。

彼の評価は低く、契約も切れかけてて、バイエルンは彼を売りたがっていた。この取引のタイミングはまさに完璧だった。360万ユーロの契約は、こんな選手にしてはお買い得だ。特に、彼が即戦力として契約し、出場するたびに平均1ゴールを挙げていて、彼の価値は600%近くも上昇していることになる。

Jose Mendesは、27歳のフォワードだが、攻撃的MFとしてもプレイできるようにトレーニングを受けた。印象的なスキルセットを持っていたにもかかわらず、彼はフォルトゥナ・シッタードであまり活躍できなかった。しかし、彼は長年の浪費家であるチェルシーに大金を払って移籍することができた。なぜかというと、タイミングだ。タイミング...ファーストチョイスの攻撃的MFNiels Snijdersが負傷したことで、Mendesはシーズン終盤に連続して試合に出場し、かなりの数のゴールを決め、リーグ戦ではわずか13試合の出場で14ゴールを記録した。そんなメンデスの素晴らしいパフォーマンスを知ったチェルシーが、我々にオファーを出してきた。私はメンデスを売るつもりはなかったが、このオファーは断るには惜しいものだった。

シニアキャリアのほとんどをベンチで過ごすか、ヨーロッパのさまざまなクラブ(間違いなくトップクラブ)にレンタル移籍してきた選手にとって、4,500万ユーロの移籍金は非常に大きなものだ。一流クラブへのレンタル移籍を成功させてきた彼の評価はかなり高く、素晴らしいシーズン(というか半シーズン)を終えたばかりだったので、この取引のタイミングは最高だった。もし、半年前の冬休みに売ろうとしていたら、あまり興味を持ってもらえなかったかもしれません。タイミングがすべてです。

取引の計画を立てる

これは、どのようにして移籍を扱うかということにつながります。もちろん、私の移籍に対する考え方と、Football ManagerのAI制御のクラブとの間には、いくつかの深い違いがあります。私は一般的に、選手の評判に基づいて契約することはなく、代わりに選手のスキルセット、業績、転売価値に焦点を当てるようにしています。一方、AI制御のクラブは、選手の知名度を最優先にしてほとんどの契約を行っているようです。

まず第一に、私は長い移籍劇が嫌いです。交渉するクラブが絶対的に悪質な組織である場合、私はしばしば取引から手を引きます。私は一般的に選手にお金を払いすぎるのが好きではなく、クラブがその10%程度の価値しかない選手に3,000万ユーロ以上の金額を請求するのは、私にとっては高額な強盗のようなものです。このような取引は私の目には不愉快で、敬遠してしまいます。ほとんどの場合、私はこのような取引には参加せず、代わりに移籍市場での良い機会に焦点を当てています。

移籍方針に関して私が成功するための重要な要素は、スポーツプロジェクトです。私は選手と契約する理由を正確に把握し、それに基づいて帳簿のバランスを取っています。もし選手を買いだめするために契約するのであれば、私は一般的に無料で移籍できる選手や、移籍リストに載っている選手をお得に獲得します。初期投資が高額にならないようにしないと、投資を回収できる可能性が低くなってしまいます。これは若手にも言えることです。若ければ若いほど、証明されていない要素が多いのです。若い選手に過剰な報酬を支払うことは、高額賞金のルーレットを回すようなもので、親が勝って自分が負けるというギャンブルです。私は、その選手が自分のチームにとって即戦力になると確信したときには、過剰な報酬を払うこともありますが、それは毎シーズン1回か2回のことです。取引をする前に、本当にその選手が必要なのかどうかを確認してください。もし彼と契約して1、2シーズンのうちに売却するつもりなら、最初の移籍に多額の投資をしてはいけません。

3つのバランス。どのような取引を行うべきか

あとは、どのタイミングでどのような取引をすべきかを見極めることです。私は一般的に、トップチームの選手には「買いだめ」と「外科的な獲得」を組み合わせた戦略をとります。買いだめは、クラブの財政的な成長を可能にし、外科的な獲得は、ピッチ上でクラブの成長を維持しなければならないチームを強化するための即戦力となります。

どの戦略が自分のクラブに適しているかは、それぞれの目標によって異なります。なぜなら、必要な選手をスカウトしたり、毎シーズン、これらの選手に適したレンタル先を探したりするのに時間がかかってしまうからです。プレシーズンを乗り切るのに丸一日かかることもあります。約100人の移籍選手の所属先を見つけなければならないからです。

買いだめ戦略が有効そうなのはわかるのですが、100人の選手を獲得したり、レンタル先を探したり、完全移籍先を探したりと管理をするのはかなり大変そうですね…

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ