アフリカにルーツのある選手をAFCONに突っ込んでみた(Football Manager 2022)

2022年3月6日日曜日

Football Manager Football Manager 2022 おふざけ シリーズ関係なく楽しめる記事

t f B! P L

4年に1回、1,2月に開催されるアフリカネーションズカップ(以降AFCON)っていう大会があると思うんですけど、おそらく海外サッカーファンの多くはリーグ戦の大会期間中の大事な時期に選手が離脱をするのでネガティブなイメージを持っているのではないかと思います。特にイングランドはこの時期にカップ戦も重なるので、選手のやりくりが大変になりますよね。

ユーロやコパ・アメリカは盛り上がる一方で、ちょっとAFCONの扱いが可愛そうな気がするので、少しでもAFCONが盛り上がるように、第2国籍がアフリカの国の選手を無理矢理アフリカの代表にぶちこんでAFCONを開催するとどうなるかをサッカー監督ゲームFootball Manager 2022で検証をしてみました。例えば、ポグバは現実ではフランス代表ですが、ギニア国籍も持っているので、ギニア代表に放り込んでいたりします。

FM22がどんなゲームか知らない人はこちらの記事を見て欲しいです(真面目な記事も書いています)。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

当ブログではFootball Managerの様々な情報を発信しているので、よろしければ他の記事も見ていってください。

というわけで、データを弄ったのだが、変化の大きかった代表を見てみる。

まずはナイジェリア代表。

本来はイングランド代表のトモリ、サカ、アリ、アブラハム、ドイツ代表のムシアラ、イタリア代表のオグボンナ、オーストリア代表のアラバなどなど、なかなかなメンバーが参加をしている。

続いてガーナ代表。

オランダ代表のデパイとボアドゥ、カナダ代表のアルフォンソ・デイヴィス、ドイツ代表のジェローム・ボアテング、スペイン代表のイニャキ・ウィリアムズ、イングランド代表のハドソン=オドイ、イタリア代表のバロテッリなどがいる。

続いてマリ代表。

フランス代表のドゥクレ、カンテ、シソコ、ムサ・デンベレ、ムサ・ディアビ、スペイン代表のアダマ・トラオレがいる。フランス代表のムサ・デンベレと元ベルギー代表のムサ・デンベレがいてややこしいし、アダマ・トラオレも2人いてややこしい。

つづいてカーボベルデ代表。

元ポルトガル植民地だからか、本来はポルトガル代表の選手が多く、セメド、リカルド・ペレイラ、ヌーノ・メンデス、レナト・サンチェス、ジェルソン・マルティンス、ナニなどが選ばれている。

他の有名どころの選手はこのとおり。

アルジェリアはベンゼマ、コートジボワールはニャブリ、カメルーンはエンボロ、エジプトはエル・シャーラウィ、ガンビアはジョー・ゴメス、ギニアビサウはアンス・ファティ、ギニアはポグバ、モーリタニアはウスマン・デンベレ、セネガルはサネ、シエラレオネはリュディガー、チュニジアはベン・イェデルなどが選ばれていたりする。

ちなみに優秀な選手が多く代表に招集されるとクラブは困ると思うのだが、今回この被害に一番あっているクラブはバイエルン・ミュンヘンだった。

本来はカメルーン代表のシュポ=モティングしか招集されないはずなのだが、8人もの選手が招集をされてしまった。

他にはアーセナル、チェルシー、レスターといったイングランドのクラブが7人招集されている。

前述もしたが、イングランドは1月あたりに試合が多いのでかなりかわいそうだし、現実だとコロナなどもあって、出場選手のやりくりに苦労をしているので、実際にこういった招集がされていたらかなり大変なことになっていただろう。

そんなスター選手が多く参加をしたAFCONのグループリーグの結果はこの通り。

参加国が24チームなのだが、16チームが通過をするので半数以上のチームが勝ち上がる。クラブからすると早く選手が帰ってきてほしいのだが、なかなか帰ってこないのはこれが理由だったのか。前で紹介をした、有名どころの選手が入っているチームだとウスマン・デンベレのモーリタニアのみが敗退をしていて、早くバルセロナに復帰をする事ができるのだが、ちゃんと帰れるのだろうか。

決勝トーナメントの結果はこの通り。

2021AFCONはナイジェリアが優勝をはたした。前述もしたが多くの優秀な選手が加入をしていたので、彼らが力を発揮した形となった。決勝の相手のアルジェリアは主力のベンゼマが準々決勝のガーナ戦で負傷をしてしまい、その後試合を出れず、決勝は延長戦となっていたので、もしベンゼマが怪我をしていなかったら結果は変わっていたかもしれない。

ちなみに決勝のナイジェリアのスタメンはこの通り。

アブラハム、ムシアラ、エゼ、トモリ、アカンジ、アラバといった追加された選手と、チュクウェゼ、ディディ、楽天のオコエといったもとからいる優秀なメンバーがあわさってなかなか強力なスタメンになっている。途中出場もルックマン、デレ・アリ、イヘアナチョと強いアタッカーとなっていて、決勝点はデレ・アリ出場をしていないメンバーにもサカなどがいる。

検証結果

アフリカにルーツのある選手をAFCONに突っ込んでみたらナイジェリアが優勝をする。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ