モンチ・メソッド 第6章 影のリスト(翻訳記事)

2022年3月8日火曜日

Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 シリーズ共通解説 モンチ・メソッド 翻訳記事

t f B! P L

今回も、海外でFMブログのStrikerlessを運営しているGuidoによる連載シリーズのLa Magica; The Monchi Filesの翻訳です。

今回は移籍オファーが来たときのための備えの話です。

モンチ・メソッドの翻訳シリーズはこちらでまとめています。

元ネタはこちらです:La Magica; The Monchi Files — 06. Shadow Lists – Strikerless

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたしま

現代のサッカーを見てみると、最も裕福なクラブが他のクラブの合計よりも多くの資産を所有しているのはなぜでしょうか?国、市場、資金面などで有利な条件が揃っていることが多いのです。しかし、個々の試合であれ、シーズンを通してであれ、小規模で資金力のないクラブに負けてしまうことがあるのです。これは偶然なのか、弱者が幸運に恵まれた偶然なのか。それとも、確率に逆らい続けるクラブがあり、ここから学ぶべき教訓があるのでしょうか?

バーゼル、セビージャ、ポルト、アヤックスなどのクラブは、ビジネス精神にあふれ、時代や市場のニーズ、願望に合わせて試行錯誤を繰り返している。過去10年ほどの国内外での彼らの業績は、偶然に起こったものではありません。彼らは皆、この世界で今の地位にたどり着き、そこに留まるために、懸命に努力してきた。チャンスは日々生まれ、私たちの周りに溢れています。しかし、それをつかみ、祝福に変えることができるのは、ほんの一握りの人だけです。サッカーのマネジメントも何も変わりません。

マーク・ザッカーバーグは、社会的交流の必要性を感じ、Facebookを作った。また、AmazonやeBayは、オンライン小売店の必要性に飛びつき、今日の成功につながっています。初期の人々は、光の必要性を感じ、火を作ることを延々と追求しました。サッカーの移籍市場に目を向けると、現実世界でもFootball Managerの仮想世界でも、同様の機会が存在します。

いくつかのサッカークラブは、最高の選手を他のクラブに売却し、比較的安く手に入れた同じくらい才能のある若い選手と交代させるというコンセプトで戦略を展開しています。このような機会は、(時として非常識な)市場と、新しい選手と契約してファンを満足させたいというクラブの願望が生み出したものです。これらの機会は、市場を動かすニーズと価値観、つまり私たちの場合は移籍市場に包まれています。

特にFootball Managerの移籍市場について言えば、多くのクラブは市場で強制的に買い手となります。財務状況に関わらず、スポーツでの成功を目指して、常にチームを強化し、多くの新顔を迎え入れようとします。つまり、ピークを迎えた選手や、同じような選手を低価格で買い換えることができる選手を売る市場が常に存在するということです。基本的に、選手を売るチャンスは常にあるのです。

しかし、このチャンスを逃さないことが、勝者が生まれる決定的な瞬間となるのです。成功とは、準備と機会の出会いであると言われます。機会は、一般的にはそれほど影響を与えることができない要素です。一方、準備とは、移籍市場という熾烈なゲームで勝者になり、また勝者であり続けるために獲得し、磨かなければならない変数です。

ここで、影のリストという概念が出てきます。私はいつでも、トップチームのメンバーに代わる3〜5人のオプションを用意しています。私の影のリストに登録されている選手は、他のクラブと契約している選手もいれば、自クラブの下部組織に所属している若手選手もいます。つまり、自分が保有する選手でまとまった利益を得る機会が訪れたとき、私は簡単に複数の代替選手を評価し、迅速な決断を下すことができるのです。

準備とは、私に言わせれば、日々の行動です。準備とは、日常的に蒔くべき種である。それは時間がかかり、苦痛かもしれませんが、報酬は確実に得られます。今問われているのは、あなたが何のために準備をしているかということです。もしあなたが準備モードに入っていれば、チャンスをつかむことができるでしょう。種を植えると、数年後には木になります。木はそれ自体、鳥や人のためのシェルターを提供する機会を掴む目的の具現化です。チャンスは準備の場でしか確認できません。

つまり、スカウトが出してきたレポートを定期的にチェックして、自分の将来の計画のために選手の潜在的な価値を評価するのです。あなたは常にスカウティングしています。もしセンターバックがいなくなったら、誰を買おうか?セグンドボランチに何かあったら、どこを探せばいいのか。スカウティングレポートに目を通し、オプションを並べることで準備ができ、いざ決断を下すときには迅速かつ決定的な行動を取ることができるのです。

このプロセス全体を可能な限り簡単かつ合理的にするために、私は複数の候補者リストを使用しています。お見せしましょう。

トム・シャノスキーは20歳のアメリカ人フォワードで、ターゲットマンの役割に適しており、アメリカの下部リーグでゴールを量産してきた実績があります。スカウトは徹底的に評価しており、彼は放出したターゲットマンの変わりの候補として、興味深い選択肢です。

この場合、シャノスキーは候補リスト(シャノスキーがすでに入っているので画像には表示されていません)に追加され、「Withdrawn Targetmen」のショートリストにも追加されます。

ご覧のように、私はありとあらゆる状況と役割の候補リストを作成しました。私の様々な戦術で常用しているすべての役割の候補リストと、通常の興味深い見込み選手の候補リスト、そして売るために契約の方針の候補リストを用意しています。影のリストは、移籍という万が一の事態に備えるのに役立ちます。私は定期的にスカウトレポートに目を通す努力をしているので、すべての選手の役割や状況に応じて20人以上の選手の影のリストを用意しています。このような準備をしておくことで、選手にオファーが来たときに素早く対応することができ、移籍市場で大きな成果を上げることができます。影のリストをチェックすることで、妥当な価格で代替選手を獲得できるかどうかを確認できますし、そうでなければ取引は成立しません。

自分も現在所属している選手に良いオファーが来たら基本的に売ろうとはしますが、控えに良い選手がいるか、またはオファーが来てから代わりに獲得できそうな選手を見つけられたら売却をする感じで、この記事までは準備はしてなかったりします。あと、冬の移籍期間で、成績が順調の場合は、チームを崩したくないので基本的にはスタメン選手は売らなかったりします。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ