ユベントス戦略 - 選手を貯めれば儲かる理由(翻訳記事)

2021年11月14日日曜日

Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 翻訳記事

t f B! P L

海外でFMブログのStrikerlessを運営しているGuidoによる記事の翻訳です。

題名からはなんの解説かよくわからないかも知れませんが、欧州のビッグクラブが実施しているレンタル移籍を活用したお金の稼ぎ方についてです。

元ネタはこちらです:The Juventus Gambit; Why Hoarding Players Can Pay Off – Strikerless

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

ユベントス戦略というタイトルには疑問がつきまとう。説明する前に、前もってある点を説明しておこう。今シーズン、ユベントスは何回の移籍をしたと思いますか?Transfermarktによると、74人が移籍し、79人が退団している。これは偶然ではない。昨シーズン、イタリアサッカー界の老貴婦人は、75人の選手を獲得したのに対し、81人の選手がユベントスを去っていった。その前のシーズンは、入団59人、退団63人だった。

控えめに言っても驚異的な数字であり、現状を正確に表現するには「気が遠くなる」という言葉がふさわしい。この数字をもっと詳しく見てみると、ユベントスが行っているローン契約の多さによって多少膨らんでいることがわかる。白と黒のチームは毎シーズン、大量の選手をレンタルしているようだが、そのほとんどがトップチームに昇格することはない。そのため、トリノのクラブがどのような動機でこのようなことをしているのかという疑問が生じる。

この単純な質問には、同じように単純な答えが返ってきます。それは、そのような若者を貸し出すことは有益なビジネスであり、さらに、目覚しい成長を遂げた若者はトップチームの一員になれるという副次的な効果もあるからです。実際の例を見てみましょう。

上の写真の颯爽とした若者は、リトアニア人MFのヴィキンタス・スリヴカです。ユベントスは、リトアニアのトップチームであるエクラナスから彼を獲得し、その後、モデナ、NKゴリツァ、FCデンボス、アスコリにレンタルした。おそらく、これらのクラブのほとんどは、彼の給料に少額のレンタル料を上乗せして支払っていたのだろう。もうひとつの例は、オランダ系モロッコ人のアヤックスのMFワシム・ブーイで、ユベントスが購入した後、パナシナイコス、FCズヴォレ、HSV、ブレシア、パレルモなどにレンタルされた。ここでは比較的小さな数字を扱っていますが、小さな数字をたくさん積み重ねると、かなり大きな金額になります。この戦略を私は「ユベントス戦略」と呼んでいますが、この記事では、この戦略をFMで再現する方法を紹介します。

戦略の基礎

これはシンプルなコンセプトであり、非常に奇抜なものではありません。私はこれを「ユベントス戦術」と呼ぶことにしましたが、世界中のほとんどのビッグクラブがこれを行っておりますが、一部のクラブは他よりも成功していません。まず、選手を貯め込むことから始めます。理想的には、将来性のある若い選手と契約することですが、ここでは、操作の余地があります。ただ、才能ある選手を蓄えることから始めましょう。

自分のチームに必要な人材かどうかを見極めた上で、余った選手をローンで送り出す。実際には、入団した選手の約9割がすぐに他のクラブに移籍することになります。それは、Bチームであってもいいし、余った選手をそのままレンタルに出すこともできる。なお、Bチームは給料やレンタル料を支払わないことに注意してください。

半年に一度、このローン軍団のパフォーマンスを評価する必要がある。実際にパフォーマンスが低下している選手は売却して、大半の選手は再びレンタルに出すか、現在のレンタル先に留め置かれる。ほとんどの契約は、どのような状況でも賃金の100%と少額のローン料であるため、これらのローン選手はすぐにあなたのために移籍金を回収しています。これらの選手をフリーエージェントとして契約した場合は、ほとんど瞬時に利益が出始めます。もちろん、目を見張るような成長を遂げたダイヤのような選手は、いつでもトップチームのメンバーに加えることができます。

このような仕組みから得られる利益は、もちろん規模にもよりますが、一般的には組織全体の成長のために再投資されます。すべてが正しくセットアップされていれば、このような組織が提供する経済的支援は、小さなクラブの成長を助け、1人か2人のビッグネームを引き寄せるための素晴らしい方法です。要するに以下を繰り返すことになります。

  1. 才能のある若手と契約をする
  2. ローンに出す
  3. パフォーマンスを評価する
  4. 不要な選手は売却をして、残りは再びレンタルに出して、一部の優秀な選手は残す
  5. 利益を得る

私はこの戦略を、現在所属しているJリーグの川崎フロンターレに適用しました。過去3シーズンの間に私が得たこの金儲けのスキームによって、クラブは日本で最高の選手と契約することができただけでなく、スター選手を獲得しようとするヨーロッパのクラブを追い払うだけの資金力を身につけることができたのです。私がシーズンごとに行ってきたステップをご紹介しましょう。

1シーズン目

最初のシーズンでは、レンタル選手の数を増やしてみました。アフリカやブラジルの選手を多くフリーで獲得し、アメリカやイングランドの選手、そしてヨーロッパの選手も何人か獲得した。彼らの貸し出しの成功率については、賛否両論ありました。簡単に新しいクラブを見つけられる選手もいれば、給料は100%だがレンタル料は払わずに貸し出さなければならない選手もいた。

最初のシーズンでは、レンタル料として260万ユーロを獲得しました。悪くないスタートではあったが、想像していたような経済的なスタートではなかった。これでは、クラブを成長させるには十分ではありませんでした。収入を増やすためには、もっと大きな規模で仕事をする必要がありました。

2シーズン目

260万ユーロを多くの新しい選手に投資する前に、私は全体的な戦略を見直すことにしました。1シーズン目での移籍から、ユース選手、つまり21歳以下の選手は、純粋にお金のために獲得をするのであれば、それほど大きな利益ではないということを学びました。若い選手は、移籍先がお金を出してくれるまでに成長するための時間が必要です。同じことが特定の国籍にも当てはまります。母国以外の国で労働許可証が必要で、その国の国内リーグがあまり強くない場合は、おそらく移籍先を見つけることはできないでしょう。

また、選手とは直接関係ありませんが、スカウティング部門の知識が不足していたことです。この作戦で利益を上げるためには、より多くの選手を、しかも質の高い選手を、できれば低価格で獲得する必要があった。国内市場は、資金不足のため、私には手に負えなかった。しかし、スカウトがいないために、海外市場の知識がなかった。

Jリーグでは少し難しいことですが、可能な限り多くのスカウトを確保した後、私は新しいプロスペクトのために特定の国に焦点を絞ることにしました。

  • アメリカ:MLSクラブのトップチームに所属していない限り、アメリカ人選手は非常に安く手に入れることができるからです。MLSのクラブはお金を持っているので、アメリカ人選手をローンで購入することもできます。
  • メキシコ:メキシコのクラブはお金をたくさん持っていますし、リーグには外国人制限があります。メキシコの選手を連れてくることは、メキシコのクラブがお金を出してくれることです。
  • ブラジル:ローカルタレントが豊富にいるのです。ビッグクラブのリザーブで腐っている選手も、セリエAの下半分のチームやセリエBのトップクラブでプレイできるほどの実力を持っている。彼らを安く手に入れることができれば、間違いなく貸し出すクラブを見つけることができるだろう。
  • アルゼンチン:ここも、タレントが豊富なことも挙げられます。国内リーグはブラジルリーグのような資金力はありませんが、彼らの所属先が見つかることを期待しています。
  • オーストラリア:Aリーグではクラブ間の国内移籍ができないため、比較的少ない移籍金で優秀な人材を獲得することができます。このような移籍の制限があるため、オーストラリア人選手の需要も高いのです。Aリーグは、他のアジアのリーグのような経済力はありませんが、それでもオーストラリア人選手は月に1万ユーロから2万ユーロの報酬を得ることができます。
  • 様々なアフリカのリーグ:これらのリーグはいずれも実際の経済力はありませんが、比較的安価に入手できる有能な選手をかなり多く輩出しています。ヨーロッパのクラブはこれらの国をスカウトする傾向があり、私が彼らを連れてくることができれば、彼らはこれらの選手に興味を持ってくれます。エジプトをこのリストから外したのは、馬鹿げた金額を要求することが多いからです。

私が重点的にスカウティングを行う国は、アメリカ、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、モロッコ、アルジェリア、ガーナ、コートジボワール、コンゴ、ナイジェリア、カメルーン、アンゴラ、ザンビア、南アフリカ、オーストラリアです。

選手の質と量の両方を向上させた後、この作戦の経済的利益が劇的に増加したのは当然のことでした。特にブラジル人選手は高く評価されていたようで、アカデミー出身の選手も何人か貸し出すことができた。数人のイングランド人選手の存在は、例外的に利益をもたらした。プレミアリーグやチャンピオンシップレベルのクラブは、ベンチに座っているだけの優秀なイングランド人選手に非常に高い金額を支払っているようだ。私が行ったローン契約はすべて100%の賃金であるため、彼らの新しいクラブを見つけることができれば問題ない。

金銭的な利益も増え、ほとんどの選手がレンタル期間中に好成績を収めたため、評価も上がりました。その結果、来年のローン契約では、より多くの料金を請求できるようになったのです。

3シーズン目

現在まだ進行中の3シーズン目は、この作戦ではこれまでで最も成功しています。スカウティングや、契約すべき選手と無視すべき選手を見極めるという点で、私はこの戦略を完成させたようです。大まかに言えば、これが私の基準です。

  1. 年代別代表やA代表の出場経験があるか
  2. 前に説明をした興味深い国の出身者か
  3. 20歳以上か
  4. 安いか

だからといって、U20の選手を買わないわけではありませんが、一般的にはそういうことはありません。私は、コートジボワールの才能ある若者たちと契約したときに、彼らがまだトップチームでプレーする準備ができていなかったため、ローン契約を結ぶことができなかったことから、このことを痛感しました。

お分かりのように、私は今シーズンに行ったローン取引の一つ一つを詳しく説明していません。この写真で興味深く、興味をそそられるのは、ページ下部にある合計金額だ。2,700万ユーロだ。ローン契約だけで。この数字を少し考えてみてください。 2,700万ユーロです。ほとんどのクラブが選手を売って稼ぐ金額よりも多いのです。

機会と落とし穴

では、このような人身売買システムは、あなたの組織にどのような機会を与えてくれるのでしょうか?もう一度、最後の数字に注目してみましょう。1シーズンで2,700万ユーロの収入......すべての取引は100%の賃金で行われ、ほとんどの選手はフリーで移籍してくるので、ほとんどが純粋な利益です。それを使って施設を改善したり、スタッフを増員したり、多くの選手を獲得する資金に充てることができます。それが、クラブを成長させるための財政的なバックボーンとなったのです。

それに加えて、大数の法則が働いてきます。これだけ多くの選手と契約すれば、それだけ優秀な人材も発掘されるはずです。外国人制限があっても、ベルトコンベアーのように優秀な選手が集まってきますよね。そのような選手を使いこなせないのであれば、貸し出して、チームに空きが出れば、フィットした状態で呼び戻せばいいのです。

落とし穴がないというわけではありません。この作戦は、選手を貸し出すことができるかどうかにかかっています。もしそれができなければ、高価な選手を手放すことになります。コーチングスタッフやチーム全体の士気への負担は言うまでもなく、賃金コストのために利益率が大きく損なわれてしまいます。試合に出られない選手は、不満を抱えていることが多く、より多くのプレイタイムを要求し、他の選手を不安にさせます。

多くの選手の存在は、たとえそれが一時的なものであっても、自クラブのユースアカデミー卒業生の成長と可能性を窒息させてしまうことが多い。彼らは並外れた才能を持っていなければ成功しないし、そうでなければグラインダーのための肉となり、戦略のための一員になってしまいます。ユースアカデミー出身者を大切にしている監督は少なくないので、この方法を使うと彼らの可能性が狭まってしまうことを前もって警告しておきます。

このテーマについては以前にも触れましたが、もう一度強調しておきます。この作戦が成功する可能性を少しでも高めたいのであれば、大規模なスカウティング体制が必要です。これにはお金がかかります。つまり、この作戦を実行する初期段階では、誤った契約をする余裕はないということです。

最後の落とし穴は、どちらかというと道徳的な問題です。基本的に、これは大規模な人身売買システムを構築しているのです。確かに、彼らのほとんどはきちんとした給料をもらっているプロのスポーツ選手ですが、それだけでは、この作戦の本質は変わりません。

機会

  • 経済的な成長
  • ダイヤモンドの原石を発見できる

落とし穴

  • 全ての選手のレンタル先が見つかるわけではない
  • アカデミーの選手の成長の妨げになる
  • 大規模なスカウティング体制が必要
  • 倫理

唐突に川崎フロンターレが出てきて驚きましたw Jリーグのクラブで2,700万ユーロ(約35億円)の移籍金収入は凄いですね。

チェルシーやマンチェスター・シティなどのクラブが多くの若手有望選手を抱えながらも、トップチームにほとんど上がることがなく、レンタルを放浪させるものは、そういったお金儲けの方法だったのですね。しかし、FIFAがクラブからレンタルに出す人数に関して上限をかけるルールを作るようなので、この方法はそろそろ使えなくなるかもです。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ