選手獲得の仕方の整理(Football Manager)

2022年3月24日木曜日

Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 シリーズ共通解説

t f B! P L

今回は選手獲得の方法や目的についてまとめた記事を書いてみました。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

当ブログではFootball Managerの様々な情報を発信しているので、よろしければ他の記事も見ていってください。

方法

完全移籍(移籍金あり)

移籍金を支払って他のクラブから選手を引き抜く方法。おそらく一番一般的な移籍手段かもしれないが、お金のあるクラブ以外はこの後の紹介をする他の手段も使わないとチームのスカッドを整えることは難しい。

フリー移籍

契約が切れた選手を獲得する方法。契約が切れているために移籍金は発生せず、懐を傷めずに選手が獲得できる。他のクラブと契約がある選手でも、契約切れの6ヶ月前から契約切れ後の契約を交渉することができて、その場合も移籍金がかからずに選手を獲得できる(ボスマン移籍と言ったりする)。ローカルルールで、イングランド国内間の場合は1ヶ月前だったりする。

有力な選手ほど頻繁に契約更新をされたり、契約期間を残して移籍をすることが多いので、このフリーの移籍になる例は少ない気がする。

期限付き移籍

完全移籍ではなく、ある一定の期間に選手を他のクラブから借りてくる方法。大体の場合は移籍金がかからず(たまに少量要求されるが)、選手の給料のみを負担したりしなかったりして選手を借りれるので、お金をあまりかけずに一定期間だけだが戦力を確保できる。買取条項をつけたり、契約切れが近い選手の場合は、チームにうまくフィットしたときに完全移籍させることもできる。

目的

主力の獲得

ある程度の資金力のあるクラブであれば基本的に完全移籍での選手獲得が多いかと思う。移籍予算から少なくない額の投資になることもあると思うので、失敗をすると悲しいし、慎重にスカウティングなどをする必要がある。同一リーグで活躍をしている選手であれば獲得後にチームに馴染みやすかったりするがその分移籍金は高くなりがちで、海外から安く獲得できる選手は馴染まなかったりすることもあり少しギャンブル感が上がる。

多くはないが、フリー移籍を活用する場合もあって、ビッグクラブであってもゴレツカやアラバのような例もある。また、小さいクラブでお金がない場合には、ビッグクラブと契約が切れた衰え始めてはいるが実力のあるベテランもよくフリーになることがあるので、こういった選手を1,2年の短期間だけ活用するのもありかと思う。現実では2014年にプレミアリーグに昇格をしたレスターが、当時インテルを退団したカンビアッソをフリーで獲得してそのシーズンは残留を勝ち取り、次のシーズンはプレミアリーグで儲けたお金でカンテ、フート、岡崎などを獲得してリーグ優勝を果たした。

戦力で劣るクラブでは、レンタルで主力を獲得することもあるが、来年にはいなくなってしまうことが多いので、活用には注意が必要で、リーグ昇格など目標を達成すればチームの収入が大きく増えるときなどに使うと良い気がする。

戦術にあった選手の獲得

あえて主力の獲得と分けてみたが、使っている戦術の特定のポジションに必要な能力がハッキリしているときに、総合的な能力はそこまで高くないが、必要な能力だけはちゃんと優れているといった選手を安く獲得して、投資以上のリターンを得ることができる。わかりやすい例だとFootball Manager 2021の戦術まとめで紹介をしている4-3-1-2のボックストゥボックスMFや4-4-1-1の空中戦に強いサイドMFあたりか。上手くこのパターンを見つけることができれば、前述のとおりにコスパ良く、さらに安定して良い結果をおさめることができる。現実ではブレントフォードやレッドブルのグループがこういった選手獲得をしている気がする。

バックアップの獲得

11人だけでサッカーチームを作ることはできず、選手交代、怪我をしたときの代わり、ローテーションをするためなど、様々な用途でバックアッパーが必要になる。しかしこういった選手はレギュラーの選手と比べると出場時間は少ないので、あまり獲得にはお金はかけたくないところ。なのでフリー移籍やレンタル移籍といった方法での獲得が多くなるかと思う。

成長に期待をする若手の獲得

Football Managerの一番の醍醐味は、期待の若手を獲得してスーパースターに育てることかもしれない。一般的に期待の若手は期待されているだけあって移籍金も高額になりやすいが、育つかどうかは分からないので一番ギャンブル要素が高い移籍だと思う。しかし現実と一緒で、ブラジルなどは比較的に安価な価格で良い選手が転がっていることが多く、重点的にスカウトを飛ばしたり、世代別の代表をチェックしておいたほうが良いと思う。まれではあるがスペイン、ドイツ、イタリアといった国々の良い若手が思ったより安い移籍金で獲得できることがあったり、ブラジルよりはちょっと頻度が少なく移籍金も少し高いがアルゼンチン、頻度は少ないが移籍金が安い旧ユーゴスラビア諸国とブラジルとアルゼンチン以外の南米もオススメ。

そもそもだが、実在の優秀な若手は分かりきっているので、「ワンダーキッド」とGoogleで検索をすると、期待の若手についてまとめているWebサイトなどが見つかるかもしれない。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ