ボーンマスの怪我をしないウィルシャー 第9話 2028-29シーズン(Football Manager 2021)

2021年9月20日月曜日

Football Manager Football Manager 2021 Football Manager 2021日記 ボーンマスの怪我をしないウィルシャー

t f B! P L

前回は2位でフィニッシュをしてチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。老化が進んでいるウィルシャーをスタメン縛りでプレイをしているので、これでもかなり良い成績だったのではないかと思う。後はウィルシャーが引退をするまでクビにならないようになんとかチャンピオンズリーグの出場権を獲得し続けるのが目標になる感じか。

初回はこちらです。

前回はこちらです。

今シリーズの一覧はこちらです。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

補強

今回は思いつきでミッドフィルダーでユヌス・ムサを獲得した。前回は攻撃的なマシアスをスタメンに戻して成績が良くなったり、Youtubeの配信でやっていたジェフユナイテッドでのプレイでは中盤にテクニシャンのピピくんを獲得して大成功をしたことなどがあったので、もっと攻撃的でテクニックのある選手を中盤にすえたほうが良いのではないかと思って獲得をした。

今回の移籍市場でも放出では大きな動きはなく、105億円の大金でバレンシアからムサを獲得しただけだった。個人的にはバレンシアが相手だったのでもう少し安い移籍金ですんで欲しかったところだが、スカッドが完成されていてあまりお金の使いみちもなかったので思い切って買ってしまった。

ユヌス・ムサ

テクニック、ドリブル、パス、ファーストタッチと攻撃系のスキルが全て15以上で、フィジカル系の能力を見てもスピード、バランス、加速力、強靭さ、敏捷性が15以上と身体能力が高く、彼からボールを奪うのはかなり難しいのではないかと思う。他の能力を見ても欠点がなく、オフザボール、視野、判断力あたりも高い極めて良い選手。ニューヨーク生まれのアメリカ人だが両親はガーナ人で、生後6ヶ月でイタリアに引っ越していて、さらに10歳でイギリスへ引っ越してアーセナルのユースに加入をしていて、世代別ではイングランド代表で試合に出場をしていたりする。さらにその後にバレンシアのリザーブに移って、2020/21シーズンにはトップチームでレギュラーになっていたり、アメリカのA代表となっている。今作のFM21ではセントラルミッドフィルダーだが、現実ではウイングをメインにプレイしているので、自作ではそのへんが変わっているかもしれない。

去年までスタメンだったコープマイネルスと比較をするとやはりテクニックとドリブルといったスキルが大きく勝っているが、フィジカルは意外と同じくらい。

既存の選手

ドミニク・リヴァコヴィッチ

33歳となかなかの年齢になってしまい、なんか微妙に能力が下がっている気がして、まさかのウィルシャーより先に離脱をすることになってしまいそう。

加入をしたときと能力を比較してもやはり微妙に下がっているようだ。

マックス・アーロンズ

契約更新をしてついに年俸が8億円となった。しかし同じイングランド人の右サイドバックたちと比べると、リース・ジェームズが21億円、アレクサンダー=アーノルドが14億円、ワン=ビサカが12億円、ブライトンのランプティが9.6億円、カイル・ウォーカー=ピーターズが9.1億円とアーロンズはまさかの5番目で、ここらへんがイングランドA代表に呼ばれない理由か。

冨安 健洋

アジア最優秀選手を2年連続で獲得した。2位はアーセナルのピピ君、3位はオリンピック・マルセイユの安部裕葵と日本人が上位を独占していた。

ブバカル・カマラ

年俸13億円とチーム内一番の高給取り。

ロイド・ケリー

昨シーズンまでは健康さを除いたフィジカル系の能力が全て15以上の身体能力が優れていた選手だったのだが、加速力と強靭さが少し劣化をして14となってしまった。近頃ウィルシャー以外の選手も劣化が始まっている気がして心配なところ。

ジャック・ウィルシャー

ついに36歳となったウィルシャー。もちろんフィジカルを中心に劣化が激しいのだが、スタメンとしてリーグで試合に出続けているからか、なかなか引退をしない。なんかいつもプレイをしているときは試合に出ていてもある程度の年令になったら引退をする選手が多かった気がしたのだが、最近のシリーズでそのへんが変わったのか。

スタートの時と比較をするとやはりドリブル、スタミナ、強靭さ、加速力、敏捷性が大きく下がっている。

デイビッド・ブルックス

初期は23歳だったがついに30歳になってしまったブルックスだが、彼もドリブルが去年と比較をすると1下がっており、老化が始まった感じか。

ペドロ・ゴンサウヴェス

去年は16ゴールと大活躍をしたゴンサウヴェス。決定力が高かったりと元々それだけの得点をあげる能力はあったと思うので引き続き頑張ってほしい。

ホセ・ファン・マシアス

去年スタメンに復帰をしてチームの成績も上がったマシアス。ウィルシャーの老化が進んでいるが、今季もチャンピオンズリーグ出場権の獲得くらいの良い成績をおさめられたらと思う。

ユスフ・バジ

我がクラブのエースストライカー。昨シーズンは21得点と彼にしては控えめな結果だったが、4シーズンでプレミア通算100得点を達成した。ちなみに141試合で100得点をあげており、プレミアで100得点にかかった試合の少なさはケインと同じく歴代2位タイで、1位はアラン・シアラーの124試合、4位はアグエロの147試合らしい。

結果

リーグ戦はまさかの優勝。チャンピオンズリーグも決勝まで進んで、FAカップはマンチェスター・シティに敗れて、リーグカップは決勝でマンチェスター・ユナイテッドに敗れて準優勝だった。

リーグ戦の詳細を見ると勝ち点90と文句なしの優勝だった。特に失点が26と非常に堅い守備だった。スキルのあるムサを中盤に入れたことにより、変な位置でのボールロストが減ったおかげか。

チャンピオンズリーグはグループリーグがユベントスとオランダのPSV、スイスのヤングボーイズと突破は簡単そうな組み合わせだった。ユベントスには勝てなかったが他から勝ち点をとってグループリーグは2位で通過をして、その後の決勝トーナメントはセビージャ、ヘルタと良いくじ運で勝ち上がり、準決勝のインテルにも勝って決勝に進出をしたがパリ・サンジェルマンに敗れてしまった。

ちなみにパリ・サンジェルマンのスタメンは上記の通りで、左のサイドバックと左のセンターバックは生成選手だが、それ以外は実在選手。フォワードはハーランド、2列目はレアル・マドリードのロドリゴ、マンチェスター・シティのフォーデン、ムバッペ、セントラルミッドフィルダーはチェルシーのハフェルツとカマヴィンガ、右サイドバックがマルキーニョスで右センターバックがユベントスのデ・リフト、キーパーはフィオレンティーナのドロンゴフスキとなかなかの豪華なメンバー。控えにはバルセロナのファティ、ラツィオのミリンコヴィッチ=サヴィッチ、マンチェスター・シティのステヴァノヴィッチ、バルセロナのデストなど中々のメンバーで、あと第2GKが川崎フロンターレ出身の日本人の生成選手だったりした。

ちなみにクラブワールドカップにも出場をしたのだが、グループリーグのロサンゼルスFCとソウルFCには無難に勝って、決勝トーナメントに進出をしたのだが、初戦でリヴァプールに敗れてしまった。いつも通りなのだがやはり決勝トーナメントは全てヨーロッパのクラブだった。

個人の成績を見るとブルックスが17ゴール11アシストの大活躍で、ゴンサウベスも昨シーズンに続き2桁の得点をあげた。この辺のフォワード以外の選手が多く得点をあげたあおりをうけてバジが20得点と加入をしてから一番少ない得点だった。

ちなみにウィルシャーの平均出場時間は58.73分と去年の64.35分からさらに大きく下がった。しかし去年まではPKキッカーだったコープマイネルスが控えになったので、その代わりにPKを蹴る機会が周ってきて3ゴールと3シーズンぶりの得点をあげた。

バジは20ゴールと加入後で一番少ない得点だったが、今期のプレミアリーグのフォワード勢の得点数はそこまで伸びず、バジが得点王になっていた。

ちなみに以下の画像の通りにウィルシャーの契約が1年後に切れてしまうので、とりあえず契約更新をしておくことにした。

いつもは毎年契約更新をしていたのだが、ちょっと前から契約更新の条件にユース責任者に就任をさせることを入れてきており、それを承諾したらそのまま引退をしてユース責任者になってしまいそうだったので、契約更新をしてこなかったのだが、流石にフリーになってしまうので契約を更新することに。

というわけでユース責任者兼任の選手で5年間の契約を結ぶことに。本来契約が切れる予定だった1年後くらいに引退をする感じになるのか。ちなみに前任のユース責任者とコーチ能力を比較すると以下の通り。

よくもまぁこの能力でユース責任者に就任することをごり押ししたもんだ…

最後に理事会がスタジアムの拡張計画を発表していたので詳細を見てみると

どうやら173席もスタジアムを拡張するようだ。VIP用の特別席などなのだろうか。

来季に向けて

ウィルシャーの引退まではもつだろうと思っていたウィルシャー以外のスタメンたちだが、思いの外にウィルシャーがなかなか引退をしない影響で、まさかの老化がはじまる選手が表れ始めた。なのでそのあたりの入れ替えを来期にしなくてはいけない気がする。

次回はこちらです。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ