Football Manager 2023新要素紹介(選手獲得活動の刷新)(翻訳記事)

2022年10月6日木曜日

Football Manager Football Manager 2023 Football Manager 2023新要素情報 翻訳記事

t f B! P L

Football Manager 2023の新要素の情報が公開されていたので翻訳をしてみました。今回は選手獲得活動の刷新についての翻訳しました。

Football Manager 2023の新要素情報の記事の一覧はこちらです。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

当ブログではFootball Managerの様々な情報を発信しているので、よろしければ他の記事も見ていってください。

メジャースポーツの世界では、選手の確保は非常に重要な要素であり、適切な選手を確保できない場合、クラブのシーズンを左右することになります。

サッカー界では、選手獲得プロセスの重要性が増しており、ファンはチームが誰を獲得するのか、あらゆる噂や発言を分析し、待ち望んでいる。一方、クラブにとっても、スカウトやアナリストが利用できるデータが増えたことで、掘り出し物を見つけることがより困難になってきているようです。

サッカー界全体の採用プロセスの進化をよりよく理解するために、私たちは過去数年にわたり、一流のサッカーディレクター、データアナリスト、スカウト、マネージャーと幅広く対話を重ねてきました。その結果、Football Manager 2023では、複数のゲームエリアがより現実的になり、スカウトチームが力を発揮することに重点が置かれるように更新されました。

これから説明しますが、変更点はすべて相互に関連していますが、大きく4つのカテゴリーに分類されます。スカッドプランナーと経験マトリックス、スカウト、代理人、スカウトミーティングです。では、何が新しくなったのか見ていきましょう。

スカッドプランナーと経験マトリックス

デフォルトのサイドバーのチームビューの下にあるスカッドプランナーは、今年、すべてのプレイヤーが自分のチームを評価し、将来のために構築するための中心的存在になるでしょう。

ほとんどのエリートサッカークラブは、このようなプランナーを様々な形で使って、現在自由に使えるオプションと、今後数シーズンで状況がどのように変化するかを視覚化しています。

FM23のプランナーメニューに入ると、現在の戦術のフォーメーショングラフィックと、設定された役割ごとにアシスタントマネージャーが評価した最大3人の選手が表示されます。

現在使用しているポジションと役割の組み合わせのいずれかを選択すると、プランナーのビューが個々の役割に切り替わります。ここから右側に、現在使えるクラブに所属している選手のリストが表示されます。

このリストでは、売却予定の選手を削除したり、個人的な見解に従って選手を序列を変更したり、移籍候補の中から契約したい選手を加えたりして、自由に調整することができます。また、ユースチームの選手も加えることができ、トップチームへの道を閉ざさないようにしながら、次のシーズンとその次のシーズンのチーム構成を予想することができます。

もし戦術を変えようと思っている場合はビューの変更をすることも出来ます。もし4-3-3から3-5-2に変更をする場合などは、どのポジションの選手を売却しなくてはいけないかや、どこのポジションの補強をしなくてはいけないかの確認ができます。

スカッドプランナーは基本的に安全な空間です。ここで行った変更は誰にも知られないので、次のシーズンで3番手としてしか使えないとわかっても、その選手の士気が下がることはないでしょう。

スクワッドプランナーの視覚的な性質により、今シーズン、または次の2シーズンにおいて、特定のエリアでの選手層やレベルが不足しているかどうかを簡単に見分けることができるはずです。もしそうなら、リクルート・フォーカスを設定することができます(リクルート・フォーカスについては後述します)。

スカッドプランナーは、継続的な補強戦略に不可欠なものとして設計されているため、選手登録のニュースアイテムや選手レポートなど、ゲーム内のさまざまなエリアからアクセスするように促されます。

スカッドプランナーを補完するために設計された経験マトリックスは、各選手のキャリアと現在の経験値の相対的な位置を通して、チームの構成をよりよく知らせるための新しいビジュアル化されたものです。

マトリックスでは、選手は4つのカテゴリーに分類されます。

  • 成長中:このレベルではまだトップチームへの飛躍が期待できない若手選手
  • 育ってきた選手:まだ伸びしろがあるトップチームの若手選手
  • ピーク:キャリアのピークにある選手
  • ベテラン:キャリアの晩年にある選手

さらに、マトリックスのスカッドビューでは、これらの選手はすべて、重要な選手、控え、ユースのいずれであるかを示すために、適切に色分けされています。

この視覚的な情報は選手の補強活動の大きな助けになるかもしれません。例えば、左サイドバックに若手の有望株がおらず、7人の重要な選手が経験豊富なキャリア段階にあることがわかったとします。このように、おそらくあなたは、チームのダイナミックを変えるために、いくつかのリクルートフォーカスを設定したいと思うでしょう。

スカウトの進化

プランナーとマトリックスで現在のリソースを把握したら、移籍市場で何か手を打つ必要があるかもしれません。FM23で、あなたとあなたのスカウトチームが選手を見極める方法を進化させる鍵となるのが、リクルート・フォーカスを導入することです。

現在の戦術に基づいた役割がプリセットされていますが、他のことを試したい場合は変更することも可能です。移籍の種類(完全移籍、レンタル、またはその組み合わせ)から、指定した役割における熟練度、年齢、体重、身長、潜在能力、労働許可証の取得の可能性など、さまざまな基準を設定することが可能です。また、より広い範囲を把握したい場合は、特定の国やリーグだけを追跡するように「フォーカス」を設定することも可能です。

リクルート・フォーカスには、「最優先」「標準」「継続」の3つのマークがあります。最優先には3人のスカウトが必要で、標準には1人のスカウトが必要です。スカウトは、特定の国や地域に詳しいスカウトを選ぶこともできますし、割当をスタッフに任せることもできます。完成したら、リクルート・フォーカスに名前を付けることができます。

一度設定すると、スカウトは適切な選手を探す作業に取り掛かります。スカウトの進捗は、毎月(頻度を変更したい場合は毎週)、「おすすめ」「希望に近い選手」「継続中」に分類された選手から報告されます。

リクルート・フォーカスと一致する選手と契約すると、契約完了を示唆するアイテムが受信トレイに届きます。また、スカウトが上手くいっているのか、上手くいかなくなりつつあるのか、あるいは限界に近づいているのか、定期的なアップデートで情報を受け取ることができます。

リクルート・フォーカスは、ゲーム内の他のいくつかのエリアに統合されており、緊急のニーズが発生した場合に、常にスカウトを迅速にセットできるようになっています。例えば、選手検索で特定の選手や役割を探すと、そのニーズに対応するため、より包括的な採用フォーカスを設定するよう促されます。

FM23では、リクルート・フォーカス以外にも、スカウティングのいくつかの側面を強化しました。

スカウティングのロジックが改善され、クラブに加入した時点でより多くの選手が完全にスカウティングされているため、リクルートメントフォーカスの結果がすぐに出るようになりました。

スカウトミーティングは、リクルート・フォーカス、スカウトが推薦する選手、スカウトレポートが完成した時など、頻繁に開催されるものではありません。

実際のサッカーに携わる方々との会話をもとに、スカウトの知識と範囲にまつわる用語を変更しました。

選手の知識レベルは表示されなくなり、代わりにその選手のスカウティングがどの程度完了しているかの説明が表示されるようになりました。スカウティングの段階は、なし、最小限、妥当、広範囲と表示されます。広範囲は、リクルートチームが選手の完全な評価を行ったことをプレイヤーに知らせ、次のステップを決定するのはプレイヤーであることを意味します。

同様に、スカウティングタスクのステータスを表す用語も変更されました。レポートは、進行中、中止、完了、要更新に分類されるようになりました。もしレポートが進行中であれば、スカウトチームがまだその選手をスカウティングしていることを意味します。広範な知識を得た場合は完了と表示され、その選手がリクルートフォーカスのニーズにマッチしないためにプロセスから外れた場合は中止、レポートがかなり前に完了した場合は要更新と表示されます。

スカウティングパッケージと呼ばれていたものは、スカウトチームがカバーするエリアは、スカウティングレンジと呼ばれるようになりました。レンジの項目には、「割り当て」と「試合とチームの分析」という2つのセクションのドロップダウンが追加されました。

割り当てでは、スカウトの現在の活動や得意な地域や国を確認することができます。

試合とチームの分析では、次の対戦相手を研究し、プロファイリングするために誰が割り当てられているかを表示します。また、カレンダーと検索機能を利用することで、より簡単にスカウトを割り当てたり、将来の対戦相手を設定することができます。

これらの変更のほとんどは、スカウティングメニューが一新されたことに含まれています。選手カードはすぐに表示されませんが、現在のフォーカス、スカウティングカバレッジ、移籍ウィンドウのステータス、主要な選手の推薦などの概要が表示されます。

さらに、選手検索メニューのデザインが変更され、移籍履歴がよりビジュアルになりました。また、支出の内訳を示すダイアグラムや、他のチーム、リーグ、国、地域の活動をより簡単に見ることができるドロップダウンメニューを備えています。

代理人の強化

現実のサッカー界における代理人の影響力は非常に大きく、今後も増え続けることが予想されるため、FM23ではより多くのゲームプレイエリアに代理人が関わることになりました。

まず、FM22で導入された可能性を代理人に尋ねる機能は、今年からさらに進化しています。もし、代理人が最初に提示した要求に納得がいかない場合、その要求に異議を唱え、修正点を返答で強調することができるようになります。これは、クラブに移籍を申し込む前に、代理人と選手契約の一部について微妙な交渉をするためのもので、実際のクラブと同じようなものです。

もし、あなたがその選手にオファーを出す場合、契約交渉に入る前のニュースアイテムは、選手の移籍への関心と、移籍後の期待値の両方を示すことになります。代理人と話をすることで成果が得られますが、そうでない場合は、フットボールディレクターがその選手の期待する契約を推測する必要があります。

ある選手について代理人にアプローチしたが、その後オファーを出さなかった場合、1週間ほど後に取引を実現するための彼らの要求が書かれた続報が届きます。

また、移籍が見送られた場合にも、その理由が説明されるので、その選手を説得するためにはどのような成功が必要なのか、よりよく理解できるようになりました。

また、代理人は、現在所属している選手に対しても、より幅広い役割を果たすようになりました。選手のプロフィールの契約ドロップダウンに、代理人と新規契約について話し合うオプションが追加されました。選手と話す前に代理人と話すことで、選手の新契約への関心と要求の予測が示され、リソースをよりよく計画し、両者の期待が異なることで発生しうる不幸を軽減することができます。移籍のオファーと同様に、この会話を通じて代理人と交渉することができます。

選手への契約更新オプションが、契約交渉に入ると表示され、より正式なプロセスとなりました。交渉開始前に代理人はと話をしていない場合、ポップアップが表示され、交渉開始を促します。

選手との交渉が決裂した場合、1ヶ月ほど待ってから話をする必要がなくなりました。その代わりに、「エージェントとの契約交渉を解決する」オプションが追加されました。代理人はと話し、あなたの興味を納得させることで、代理人はもクライアントと話をし、現実と同じように会話を復活させることができるでしょう。

しかし、交渉に入った後、契約に合意することなく立ち去ることは、より深刻な影響を及ぼし、あなたと選手、代理人との間の決裂につながる可能性がありますので、注意が必要です。

また、代理人を利用して、選手の士気の問題を解決することも可能です。代理人と選手との密接な関係を反映し、選手の代理人に頼んで、問題を解決してもらうことができるようになりました。これは、従来からあるキャプテンに依頼したり、直接選手と話したりすることに加えてのことです。

リクルートミーティング

FM21で初めて導入されたリクルートミーティングは、FM23で大幅に刷新されました。ミーティングを変更した主な意図は、以前よりも魅力的で会話の多いミーティングにすることでした。

最も明確なのは、リクルートミーティングが2種類に分かれたことです。プランニングとフィードバックです。

プランニングミーティングは、フットボールディレクター、アシスタントマネージャー、チーフスカウトが出席し、将来の移籍市場を見据えるために行われます。ミーティング前の受信箱には、現在のフォーメーション、移籍に関連するクラブビジョン、ディスカッションのためのアジェンダアイテムが表示され、よりコンテキストに富んだものとなります。

最初の話題は通常、スカッドプランナーについてで、ミーティングでプランを提出する前に微調整したり、リクルート・フォーカスを作成したりする機会が与えられます。

次に、選手ステータスでは、今後切れる予定の契約について、トップチームとユースチームに分けて、より見やすく表示されます。契約交渉を進めるかどうか、スタッフのアドバイスもここで確認できます。また、スタッフからの提案では、現在移籍市場でリストアップされている選手や関心を集めている選手など、スカッドプランナーを念頭に置いたスカウトチームの洞察を見ることができます。

ミーティングでは、通常、補強の焦点について触れ、スタッフが現在取り組んでいるものを確認し、新たに追求すべきものを提案します。

FM23では、新たに2つの緊急プランニング・ミーティングが追加されました。複数の選手が長期離脱している場合(特に特定のポジション)、または調子が悪くクオリティを上げる必要がある場合、スカッドプランナーによってミーティングを行うよう促されます。

フィードバック・ミーティングは、これまでの移籍活動を振り返り、次の補強についていくつかの提案をするためのものです。実際、スカウティングセンターでは必ずしも見ることのできない特定の選手を、このミーティングで推薦してくれるでしょう。

ミーティングでは、刷新された移籍履歴セクションで最近の出入りを確認し、現在移籍やレンタルで獲得している選手を確認することができます。プランニング・ミーティングと同様、ミーティングでは通常、リクルート・フォーカスと彼らが特定したベストプレイヤーに焦点を当て、終了します。

成功のために生まれ変わる

世界中のクラブで行われているプロセスや戦略を参考に、キャリアを重ねるごとに何千もの補強の微調整や刷新を発見し、クラブの将来設計をより良いものにすることができます。今こそ、王朝を創る時です。

今後、FMFCやウェブサイトで、すべてのプラットフォームにおける新機能を明らかにしていきますので、ご期待ください。

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

ページビューの合計

このブログを検索

QooQ