モンチ・メソッド 第7章 選手売却の巧みな交渉術(翻訳記事)

2022年3月12日土曜日

Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 シリーズ共通解説 モンチ・メソッド 翻訳記事

t f B! P L

今回も、海外でFMブログのStrikerlessを運営しているGuidoによる連載シリーズのLa Magica; The Monchi Filesの翻訳です。

今回は売却の交渉術についてです。

モンチ・メソッドの翻訳シリーズはこちらでまとめています。

元ネタはこちらです:La Magica; The Monchi Files — 07. The Art Of Negotiating A Good Deal (Selling) – Strikerless

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたしま

リクルートプロセス、つまりアカデミーや他のクラブから人材を集めるベルトコンベアを最大限に活用できるかどうかは、移籍市場でクラブを成功させるかどうかの一端にすぎません。移籍交渉を行う場合、明らかに、買う側のクラブは可能な限り低い価格で交渉することを目指し、売る側のクラブは当然、その選手をより高い金額で売り出そうとします。最終的な移籍金額は、両チームの交渉力によって、この2つの中間になります。

この値は、他の代替となる選手、当該選手の才能やスキル、そして各クラブが選手の才能のポテンシャルをどのように見積もっているかによって左右されます。チームスポーツであることを考えると、個人の才能やスキルの価値は、その選手が契約しているチームに大きく依存します。また、売買クラブの交渉力が契約金額にどの程度影響するかについては、いまだに議論されており、選手自身の要因も含めて様々な要因があります。

売る側から見た交渉プロセスの始まりは、優れた監督(またはフットボールディレクター)が、自分のクラブが何百万ユーロも余分に稼ぐことができるように、妥当な価格で交渉することができる部分でもあります。良い取引をするための交渉は、選手の価値を予測し、買う側のクラブがその選手に支払うことを望んでいる金額を見極め、取引からできる限り多くのお金を引き出すことができるかどうかの複雑なゲームです。

序章で簡単に触れました。最良の取引をするための交渉は、複雑であると同時に、不気味なほど簡単なことです。タイミングを見計らって、移籍後の選手の価値を知っていれば、すぐに取引先のクラブと良い交渉ができるのです。

移籍市場という熾烈な環境で勝ち残りたいなら、まず最初にすべきことは、Football Managerというゲームの中で市場がどのように動いているのかを理解することです。移籍市場は公平ではありませんし、これまでも公平ではありませんでしたし、これからも公平ではないでしょう。なぜなら、選手の価値はクラブごとに異なる意味を持つからです。これは、各クラブが異なるリーグ、異なるディビジョンで活動しているため、収入も関連して異なるからです。結局のところ、知名度ということになります。いくつかのレベルで、これはFootball Managerでの選手の移籍市場価値を左右します。

知名度の低いリーグに所属するチームにとって、才能ある若い選手の価値は、知名度の高いリーグで活躍しているクラブに比べて明らかに低くなります。例えば、移籍後に選手の価値が急上昇することがあります。

状況次第では、選手の価値はほぼ2倍、場合によっては3倍になることもあります。ただし、これは前日までと同じ選手であり、変わったのは所属クラブ、所属リーグ、契約(特に賃金)だけです。前者の2つの要素で評価が高まったことで、彼の移籍価値は飛躍的に上昇します。

このように価値が上がる理由の一つは、有名で強いリーグでは、同じ選手がより良い個人的なパフォーマンスを達成し、より本格的なプロとしての成功を収めることができるからである。また、新しいクラブの知名度も、選手の価値を高める大きな要因となる。

そこで、その考えに注目してみましょう。Football Managerの移籍市場で選手を売却する際には、私の目には4つの価値を高める要因があるように映ります。この4つはそれぞれ簡潔でありながら、同時にすべてが連動しています。監督であるあなたにとって、選手の価値を左右する要因を知ることは必要不可欠です。

  1. 選手の知名度
  2. クラブの知名度
  3. リーグの知名度
  4. リーグが所属している国の知名度

選手の個人的な知名度とは、本質的には、世界のゲームの中でのその選手の地位を意味します。選手の知名度が急激に上がるきっかけとなる出来事があり、それによって選手の価値が上がり、クラブが金銭的に魅力的な入札をした場合には、その選手を売却するきっかけになると考えられます。このようなイベントとは、例えば、タイトルを獲得すること、主要な国際大会に出場すること、個人的な称賛を得ることなどです。これはすべて、複雑なプロセスを単純化したものです。

また、以下の変数は、個々の選手の評判を高め、その結果、移籍市場の価値を高める可能性があります。

  • 選手の年齢(一定の年齢以上になると、現実的に売却できなくなるため、選手の価値は停滞し、さらに低下する)
  • 経験値(プレイした試合の数)
  • 得点数(フォワードの場合)
  • ポジション(経験則上、フォワードやオフェンスの選手は、ディフェンダーやキーパーよりも価格が高くなります)

特定のリーグでの移籍を見ると、クラブの知名度が選手の価値に影響を与えることがわかります。ある選手が、例えば中位のチームから上位のチームに移籍すると、新しいクラブの知名度によって、その選手の価値が急上昇するのがわかります。新しいクラブの知名度が以前のクラブの評価よりも大幅に高い場合、このスパイクは彼の新しい移籍市場の価値をほぼ2倍にすることにつながります。

同様に、リーグを移籍した選手にも同様のスパイクが見られます。チームが自分より下のディビジョンのチームから新しい選手を採用した場合、その選手の移籍市場価値も急上昇します。このスパイクは、選手の新しいクラブの評価が上がったことだけでなく、選手が活躍するリーグの評価が上がったことでも起こります。例えば、アヤックスが1つ下のディビジョンのオランダのチームから選手を購入したとします。この選手の移籍市場価値が上がるのは、評価の高いクラブに移籍したからだけではなく、より強く、トップレベルの評価を受けているディビジョンで活躍するようになったからです。

同様に、評価の低い海外のリーグから移籍してきた選手は、ほぼ確実に評価が上がり、移籍先のクラブの知名度が前のクラブよりも低い場合でも、評価が上がることがあります。FCポルト、ベンフィカ、スポルティング・リスボンなどのクラブは、サッカー界での地位が非常に高く、その知名度は間違いなく高いです。彼らの選手が海外のイングランドのチームに移籍すると、その価値はさらに高まります。買う側のクラブは、一般的に国際的な知名度は低いのですが、知名度の高い国の知名度の高いリーグで戦っているので、移籍市場の価値は上がります。

様々な形の知名度が選手の移籍市場価値の主な要因であることを理解していれば、この知識を有効に活用することができます。ゲーム内での自分の地位と買収するクラブの地位を比較すれば、誰かが自分の選手を買収しようとしているときに、実現可能で現実的な移籍金額を見積もることができます。幸いなことに、このゲームでは自分のクラブやリーグの知名度を簡単に調べることができます。

これらの価値を確立することで、自分の選手が移籍後にどのくらいの価値があるのか、また、購入するクラブにどのくらいの金額を支払うように要求できるのかを見積もるのが非常に簡単になります。私の場合、現実的には移籍後の選手の価値の3分の2程度の金額を提示し、一般的には分割払いや将来のパーセンテージ条項などでさらに取引を膨らませるようにしています。これには試行錯誤が必要で、特定の移籍や価値の側面を評価するスキルを磨く必要があります。悲しいことに、確実に役立つ公式はありません。

あなたは、自分の選手に対してどの程度の移籍金を受け取りたいか、現実的な期待を持っています。多少下がることは覚悟していますが、自分のクラブに在籍している間は、実際の移籍市場での価値よりも低い金額で売らないようにしてください。私の移籍交渉の約半分は、買い手側のクラブが私の選手に対する評価に応じてくれないために失敗しています。そのような場合、私はその取引から手を引きます。ほとんどの場合、私は売却を申し出る側ではないので、自分の資産に対する気まぐれな評価に応じる必要はありません。

私が取引を交渉するときにどのようにビジネスを行うかを説明する前に、ケーススタディを提供したいと思います。私がコロンビア人のウイング、セザール・アシアをサウサンプトンに売却した時の話です。

その具体的な取引は、特に素晴らしい取引でもありませんでした。アシアの価値が450万ユーロから3300万ユーロに跳ね上がったことを見れば、獲得に支払った675万ユーロがお買い得だったことがわかるだろう。私にとっては、アシアに20万ユーロの給料を払っているだけで、彼はチームのローテーション選手であり、より高い給料を要求し(MLSでは賃金に上限があります!)、貴重な海外選手の枠を奪っていたので、良い取引だったと思います。私たちは、チームのスタメンでもない選手を放出することで、大きな利益を得ました。

私が契約に盛り込もうとしている条項のひとつに、次の移籍金の40%を要求するというものがあります。私はいつも、次の移籍金の40%を要求します。このような条項は一般的に、将来的に追加の金額をもたらすからです。将来の利益率の契約はあまり好ましくありません。もし選手が新しいクラブで活躍できなければ、利益を得るために売却される可能性はほとんどなく、この条項は役に立たない。損失でも利益でも売却された場合、私は売却額の40%と、AIが通常実施する将来の条項の40%も受け取ることになります。

同様に、「リーグ戦でに○試合出場」「リーグ戦で○ゴール」という条項も、私は避けるようにしています。もし選手が失敗したら、そのお金はあなたの手元には届きませんからね。代表の試合については、ちょっとした違いがあります。比較的小さな国の出身の選手の場合は、ベンチウォーマーであっても呼ばれるので、入れておいた方が無難です。強い国の出身で、多くのタレントを抱えている選手の場合、このような条項はますますリスクが高くなり、通常は避けるべきです。

さらに、ちょっとしたコツがあります。チームが希望の金額を一括払いしてくれない場合、一括払いで受け取る現金の額を下げて、その分のお金を1年、あるいは2年かけて分割払いで追加するという方法があります。総額は変わりませんが、購入クラブは、お金の利用をより大きな期間に分散させることができるため、このような取引に同意してくれることが多いのです。これが実際の放出の方法です。

良い取引のための交渉の最後の側面は、難しいルールがないため、やや不可解で理解しがたいものです。これは、取引のタイミングに関するものです。いつ取引を行うのか?移籍市場の早い段階で行うのか、それとも遅い段階でオファーを待つのか。どちらの戦略にもメリットと固有のリスクがあるため、どちらが有利という確実な方法はありません。

移籍期間の早い段階で取引を行うと、ほとんどのクラブはまだ軍資金を持っているため、希望するターゲットとの契約やチームの強化のためにお金を使うことができます。また、後任の選手と合意するための時間も確保できます(ただし、選手を売却する前に後任の選手と契約することを強くお勧めします)。

移籍市場の後半にビジネスを行うと、他のチームがお互いの入札に反応する時間ができ、価格が上昇する可能性があります。遅れて参入したチームは、必要な補強選手を確保するために、最後の手段として現金を投じようと必死になります。一方で、長く待ちすぎると、他のチームがすでに自分の好きな選手と契約してしまい、移籍予算がなくなってしまうこともあります。また、後任の選手と契約する時間も少なくなってしまいます(繰り返しになりますが、最初の入札があったらすぐに後任選手との交渉を始めることをお勧めします)。これにより、売却先のチームに自分の後任を確保する時間がない場合、問題が発生する可能性があり、結果的に後任を見つけるための条項を入れようとするかもしれません。

適切なタイミングでの売却のもう一つの側面は、契約満了に関係しています。AIはチームを作るのは苦手ですが、強制的な売却を見分けるのは得意です。選手の契約が1年後に切れるのに、更新する余裕がない場合、選手が不安になって出て行きたがっている場合、あるいは他の選手を獲得したい場合、AIは一般的に高額な移籍金を要求しません。これは、6ヶ月後に無料で契約しようとする可能性がある場合に特に当てはまります。契約の問題を避けるためには、定期的に契約を評価し、契約期間が1年半未満の選手を監視して、チームに残すかどうかを判断するのがベストです。新しい契約を提示してから売却を試みるか、損切りをして誰かをフリーで手放すこともできます。

この記事にある話と似たような感じで、少し前に、イングランドの北東部のクラブで、知名度の比較的低いフランスのリーグから価値が高くなりやすいオフェンスの選手を大量に獲得しているところがありましたね。あまりにもフランス人が多くなりすぎて、ロッカールームの公用語はフランス語とか言われてました。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ