データハブから攻撃の洞察をする(Football Manager)

2022年1月10日月曜日

Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 翻訳記事

t f B! P L

今回は英語の記事翻訳で、データハブを用いた攻撃の検証についてです。

元ネタはこちらです:Taking Attacking Insights from the Data Hub | Football Manager 2022

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

当ブログではFootball Managerの様々な情報を発信しているので、よろしければ他の記事も見ていってください。

サッカー界では、データがますます注目されています。もはや、深く分析するファンだけのものではなく、ファン、ジャーナリスト、評論家、そして現代の監督にとって重要な参考材料となっています。そしてもちろん、Football Managerのプレイヤーにとっても。

また、データとして考えられるのは、パス、アシスト、ドリブル、ゴールだけではありません。サッカーの試合で選手やチームが行うあらゆるアクションをカウントし、書き留めたものがデータです。世界中のアナリストは、ハイライトビデオや何ページにもわたる数字だけでなく、それらの数字に命を吹き込む視覚化もレビューしています。

指標の多くは、何年も前からFootball Managerに記録されていましたが、Football Manager 2021のxGの導入後、Football Manager 2022のデータハブの導入により、あなたのデータ体験は完全に革命化されました。FM Stagは、これらの数値が新しく意味のある方法で可視化され、チームの栄光への道筋をよりよくマネージメントし、わずかなアドバンテージを絞り出し、戦術的に相手を出し抜くのに役立つ方法を説明します。

サッカーの洞察とは?

これでデータが揃いました。ディープライイングPMが何本パスを出したか、インサイドFWが何回ドリブルを成功させたかは知っているはずです。しかしそれらがあなたに何を教えてくれるでしょうか。そう多くはないでしょう。そこで登場するのが「洞察力」です。洞察力とは、何かをより深く理解することです。さらに言えば、何かをより深く理解することで、より良い意思決定ができるようになります。

データハブからどのような洞察が得られるのか?

Football Managerのプレイヤーとして、私たちは通常、戦術的アプローチに多くの考えを巡らせます。フォーメーション、選手の役割、指示だけでなく、いつどのように相手にプレスをかけるか(FM22の新しいプレスシステムによって強化されました)、ショートパスかロングパスか、特定の役割のタスクは守備、サポート、攻撃にすべきか、などです。勝っているときは美しいものですが、連敗しているときは悪夢のようなパズルになることもあるのです。

今までは、どこで、なぜ、上手くいっていないかを正確に把握するのは難しいことでした。しかし、FM22の新しいデータハブを使えば、こうした課題を簡単に把握し、戦術を微調整して、システムや選手からより多くのものを引き出すことができます。

例:ワトフォード

私はワトフォードの監督として、ひどい負けっぷりを続けているが、その原因がわからない。

データハブ以前の場合

ハイライトを見ていて、直感的に感じたのは、私たちはたくさんのチャンスを得ているのに、ストライカーたちがそれを無駄にしているということです。ハイライトで見た、あの惜しいチャンスをみんな覚えている。また、中盤でボールを渡してしまうことが多いのではという疑いもある。移籍市場で新しいミッドフィルダーが必要なのかもしれない。より良いパスの出し手。そして、より良い冷静さと決定力を持つストライカーも。ああ、そうしよう。小切手帳はどこだ?

データハブ以降の場合

データハブに移動し、「依頼」をクリックして、代わりに本当の洞察を与えてくれるパフォーマンスアナリストの優れたビジュアライゼーションをいくつか見てみます。

攻撃の効率性の表を見てみよう。

縦軸が1試合あたりのシュート数で、横軸がコンバージョン率(シュートの内で特典になった割合)です。

シュート数では平均を下回っていますが、実際にはリーグ戦で上位のいくつかのチーム(プロットでさらに左側のチーム)よりも高い確率でチャンスをものにしています。さらに、リーグ全体で1試合あたりのシュート数が2番目に少ないという問題も明らかになりました(プロット上では一番下に近いチーム)。つまり、そもそももっとシュートを打たないといけないのです。

では、もう一つの心配事であるパスの問題に取り組んでみましょう。まずは、パスの分析画面です。

縦軸が1試合あたりのパス数で、横軸がパス成功率です。

なんて勘違いしていたのでしょう。私たちはたくさんの(そしてたくさんの)パスを試みるだけでなく、その精度が並外れて高いのです。実際、同じディビジョンにいる他のどのチームよりも正確だ。それは予想外でした。では次に、パスゾーンのマップを見て、潜在的な問題が何であるかについて、もう少し詳しく知ることができるかどうか見てみましょう。

ここで、私たちが改善するべきことがあります。パスの28%は自陣18ヤードボックス付近で、33%は自陣のすぐ内側で行われています。この可視化から、試行されたパスの70%以上が自陣で行われていることがわかります。

これらが私にどのような洞察を与えてくれるか

結論から言うと、フィニッシュは第一の関心事ではなかった。パスの精度に関する懸念もなかった。パスの数は多く、精度も高いが、そのほとんどは自陣で行っている。また、ストライカーはシュートから得点への効率を改善することができるが、それを判断するのに十分な数のシュートを試合で放つのに苦労しており、それは彼らが必要なサポートを受けていないことが原因かもしれない。

新しいストライカーにお金をかける前に、より高いエンゲージラインに調整しましょう。そうすることで、平均的なポジションがさらにピッチの前に移動し、パスを出すスペースが変わり、より効果的にシュートチャンスを探れるようになるはずです。

また、1トップをディープライイングFWからアドバンストFWに変更します。これにより、彼は相手ゴールに近づき、より攻撃的なポジションでプレイできるようになり、どちらもより多くのシュートを打つことにつながるはずです。そして、より多くのシュートが、最終的にはより多くのゴールにつながるはずです。

中盤では、2人のセントラルミッドフィルダーの後ろに守備的ミッドフィルダーを置いてプレイしていますが、明らかにパスの数が多いです。残念ながら、十分なチャンスを作ることができなければ、結局は意味がないのです。

4-5-1という戦術的な形は、チームの選手たちに合っているので、それを維持することが優先されますが、だからといって、役割を変えることができないというわけではありません。例えば、アンカーを守備的MFに変え、「もっとリスクを冒せ」という指示を出せば、相手の反撃を阻止するための備えになりつつ、ボールをより前方へ動かすことができるようになるはずです。同様に、ディープライイングPMはボックストゥボックスMFにした方が、ファイナルサードへの進入をよりよくサポートでき、ボックス内でもう一人の選手を得て、アウトサイドからのクロスを受けることができます。

まとめ

サッカーの試合はデータだけでは勝てません。現実のサッカーの試合結果が本当に予測不可能で、スキルや技術的な能力と同じくらい感情や欲求といった無形のものに基づいているのと同じように、Football Managerには即席の勝利の方程式は存在しません。

しかし、ある戦術がどこで破綻しているかを数回のクリックで正確に把握し、すべてを取り壊してやり直すという以前のアプローチに頼ることなく、物事を改善する方法を理解することができるのです。これこそ、洞察です。これは強力です。これこそリアリズムです。

この記事で取り上げたのは、データハブで利用できる数多くの可視化のうちのほんの一部です。「守備の洞察」の続報をお楽しみに。

あなたはどのようにデータハブを使いますか?

良い監督業を

FM Stag

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ