攻撃的サイドMFの役割の解説(Football Manager)

2021年10月10日日曜日

Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事

t f B! P L

ついこの前Twitterでウイングの役割の違いについて話題に上がっていたので、それぞれの役割に対しての自分の認識をまとめてみた。戦術を組む時のたすけにしてくれると嬉しい。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

ウィング

古典的なウイングでサイドをドリブルで駆け上がってクロスを上げるのがメインの仕事。ドリブルからクロスを上げる一連の流れでボールを持ち替えずにできるように、右サイドなら右利き、左サイドなら左利きの選手を使うのがセオリー。近頃のウイングは中央へカットインをしてより得点確率の高い位置からのアシストや直接得点を狙うことを求められることが多いので、前と比べるとあまり見かけなくなってきた。

能力としては相手選手を抜き去るためにドリブル、スピードと加速力、クロスの精度のためにクロスあたりが大事か。

選手のイメージとしてはアダマ・トラオレ。

アドバンストPM

サイドから試合を作ること任される役割。中央と比較をするとサイドは相手の守備の密度が低いため、より自由にプレイをできるというメリットがある。現代サッカーでは、以前のようにトップ下に司令塔を置くというスタイルは守備戦術の進歩により難しくなってきたので、このようにサイドに逃げる形でプレイメイカーを置いたり、守備的ミッドフィルダーのような低い位置で試合を作ることが増えてきたか。

サイドでプレイをすると言っても、チャンスメイクのためにサイドの中で中央よりに位置どる。

能力としてはプレイメイカーなのでやはりパスや視野が大事か。

選手のイメージとしてはハメス・ロドリゲス。

インサイドFW

名前にFWとついている通り得点を狙う。サイドから主にセンターバックとサイドバックの間のスペースを狙って攻撃をする。シュートが打ちやすいように右サイドなら左利き、左サイドなら右利きの選手がよく起用される。ウイングに代わって今流行りの役割か。実は攻撃的サイドMFの中では一番攻撃的な役割だったりするので、この役割を使うときには隣のMFや後ろのSBは守備のバランスをとれるようにしておいた方が良い(週末ジレンマ: 選手のメンタリティ)。

大事な能力としてはボールを持ってスペースを突くためのドリブルと、ボールを持っていい時につくためのオフザボール、そして得点を決めるための決定力か。

選手のイメージとしてはサラー。

トレクアルティスタ

アドバンストPMと同じくプレイメイカーなのだが、違いとしては動きがより自由であること。サイドの選手ではあるが、本人が必要と思えば少しポジションから離れた位置に顔を出す。トレクアルティスタとはイタリア語で3/4という意味で、フォワードとミッドフィルダーの間に位置をする選手に使う言葉らしい。

大事な能力はアドバンストPMと似ているが、より自由に動くのでオフザボールや予測力あたりの位置取りに関係する能力の重要性が増すだろう。

選手のイメージとしては、イタリア語の役割なのでトッティをあげたいところだが、現役の選手だとメッシあたりか。

サイドターゲットマン

ボールを放り込む目標となり、そこから近くの味方の選手へボールを落とす役割。中央のフォワードの位置のターゲットマンと比べて、サイドなので相手の守備が密集していなかったり、競り合う相手がセンターバックではなく比較的フィジカルが弱い選手が多いサイドバックなので、ボールのおさまりが良いのだが、その分ゴールから離れているので効果が薄くなるのが悩みどころ。

大事な能力はまずはジャンプ到達点、バランス、強靭さ。それに加えてファーストタッチやパスとヘディングあたりがあると嬉しい。

選手のイメージとしてはマンジュキッチ。

ラウムドイター

ドイツ語で空間の解釈者という意味らしい。サイドからスペースを突いて得点を狙うという点ではインサイドフォワードと似ているが、より自由に位置を取る感じで、ドリブルというよりオフザボールで勝負をする。

大事な能力はもちろんオフザボールと予測力。得点を決めるために決定力なども欲しい。

選手のイメージとしてはミュラーというか、ラウムドイターはミュラーの代名詞で、ミュラーがインタビューで自分のプレイを表現するために使った言葉らしい。

インバーテッドウィング

サイドからカットインをする役割で、インサイドフォワードと似てはいるが、インサイドフォワードは得点も狙う一方で、インバーテッドウィングはサイドでパスを受けてドリブルでカットインをしてチャンスを作るのがメイン。それが大事な能力のハイライトにも表れていて、インサイドフォワードにだけ決定力がハイライトされていて、インバーテッドウィングにだけクロスがハイライトされている。ドリブルでカットインをするのでインサイドフォワードと同じく右なら左利き、左なら右利きが望ましいが、ベイルやムバッペくらい足が速いと関係がないかもしれない。

大事な能力はとにかくドリブル。

選手のイメージとしてはマフレズ。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ