FM22のアーリーアクセス中に監督するべき7つのチーム(翻訳記事)

2021年10月30日土曜日

Football Manager Football Manager 2022 翻訳記事

t f B! P L

FMの公式サイトの記事で、公式がおすすめするFM22でプレイするクラブを紹介する記事があったので翻訳をしました。

元ネタはこちらです:Seven teams to manage during FM22 Early Access | Football Manager 2022

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

Football Manager 2022のアーリーアクセスが開始されたので、自分のスキルをもう一度試してみましょう。この時期になると、今年の新機能を試したり理解したりするために、短期間のプレイを求められることが多いと思いますので、いくつかの提案をさせていただきます。

ACミラン

少なくとも彼らの通常の高い水準に比べれば、数年間の低迷期を経て、ACミランには良い時代が戻ってきている。

イタリアで最も楽しく、エキサイティングなチームの一つであるロッソネリ(※訳者注:イタリア語で「赤と黒」という意味でACミランの愛称)は、あなたのFM22の旅の完璧な出発点となるでしょう。

アレッシオ・ロマニョーリやダヴィデ・カラブリアといったホームグロウンのスターに加え、フィカヨ・トモリ、サンドロ・トナーリ、テオ・エルナンデス、ラファエル・レオンといった選手たちが素晴らしい活躍を見せている。彼らは、ワンダーキッドの域を超えて、専門家が長い間持っていた潜在能力を発揮し始めている。また、オリヴィエ・ジルーとズラタン・イブラヒモビッチというベテランでゴールを量産しているミランは、あなたが11年ぶりにタイトルを獲得するための完璧な選手層を持っています。

RBライプツィヒ

RBライプツィヒはオフシーズン中に、最大のライバルであり、昨シーズンのチャンピオンでもあるFCバイエルン・ミュンヘンに、監督、主力のセンターバック、キャプテンを奪われた。これは誰にとっても辛いことです。

RBライプツィヒは、若い選手だけを加えるという方針を貫いた。モハメド・シマカン、ベンヤミン・ヒンリヒス、ブライアン・ブロビー、アンドレ・シルバ、イライクス・モリバなどの若手選手を積極的に起用している。

この新しいディー・ロトゥン・バーレン(※訳者注:ドイツ語でレッド・ブルズ)を、国内では優勝、海外では競争力のあるチームにするために、あなたは必要なものを持っていますか?

マルセイユ

フランスに監督として足を踏み入れることに興味がある方には、オリンピック・マルセイユもお勧めします。

熱狂的なファンを持つフランスの地中海沿岸地域では、常に高い期待が寄せられています。今シーズン終了時には、最後にトロフィーを獲得してから10年が経過していますが、夏の間に行われた一連の魅力的な動きにより、彼らはエキサイティングな提案をしています。

マルセイユは、国際的に通用する数多くの期限付き移籍の選手と並んで、ポル・リロラ、ジェルソン、コンラッド・デ・ラ・フエンテといった選手たちに大金を投じた。すべてがうまくいけば、今シーズンのリーグ1では、おそらくPSGの最も近い挑戦者となるだろう。

VfLヴォルフスブルク

ブンデスリーガの強豪チームであるVfLヴォルフスブルクは、質の高いディフェンダーを豊富に擁しているため、新しいワイドセンターバックを試すのに最適なチームです。

守備の堅牢さとリソースに加えて、このクラブは全体的に強い。ベルギー人MFのワンダーキッド、アステル・ヴランクスは、この夏のヨーロッパでの良いの移籍のひとつであり、彼のクリエイティブな同僚であるザヴェル・シュラーガーとヨシプ・ブレカロは、才能のあるボウト・ベグホルストに絶え間なく良質なパスを提供するスキルを持っている。

ワトフォード

最高レベルのリーグに昇格した場合、ほとんどのチームには現実的に2つの選択肢があります。そもそも昇格したときの原則を貫くか、あるいは、より保守的なアプローチを見つけて大敗を避け、生き残りのためのしきい値に達するだけのポイントを確保することを期待して頑張るか。

私たちは常に前者、つまり積極的で前向きな姿勢を好みますが、ホーネッツ(※訳者注:ワトフォードの愛称)ではそれを受け入れることができます。今シーズンのチームは、イングランドのトップリーグで最も充実したメンバー構成となっており、経験豊富な選手と元気で活発な若手選手が見事に融合している。ジョシュア・キング、エマヌエル・デニス、ジョアン・ペドロらは皆、ゴールがどこにあるか知っている。素早いカウンター攻撃のスタイルを取り入れ、強豪チームとの混戦を制し、トップチームとしての地位を永続させることを目指せます。

シェフィールド・ユナイテッド

今シーズン、イングランド2部に降格した3チームの中で、シェフィールド・ユナイテッドが最も興味深いFMの挑戦者であることは間違いない。

ブレイズ(※訳者注:シェフィールド・ユナイテッドの愛称)は前回、「セカンド・シーズン・シンドローム(※訳者注:2年目の不振)」に陥り、待望のプレミアリーグ復帰を果たしたときに魅力的だったプレイスタイルが、突然、効果がないものになってしまった。ヨークシャーのクラブはこの夏、ブラモール・レーン(※訳者注:シェフィールド・ユナイテッドの本拠地)に何人もの選手が出入りしていたが、サンダー・ベルゲやリアン・ブリュースターといった選手たちが、彼らのクオリティーの高さを際立たせていた。

采配を振るう際には、まったく新しいシステムを選ぶのか、それとも3バックの良さを証明するのか、特に彼らが普及させたワイドセンターバックの役割を自由に使えるようになった今、どうするのか。どのような方法を選ぶにせよ、目的は単純です。彼らのトップリーグでの不在期間を、前回の12年よりもはるかに短くすることです。

セルティック

セルティックのリーグ10連覇の偉業は、昨年、25ポイント差をつけて、ライバルのレンジャースの手によって中断されてしまいました。

セルティック・パークでは、最大のライバルとの差を埋めるために、シーズンオフに選手層の見直しを行った。ギリシャ人FWのギオルゴス・ギアクマキスは、昨シーズンのエールディビジでゴールを狙う鋭い眼力を発揮し、日本代表の古橋亨梧とのパートナーシップを築く可能性を秘めている。リエル・アバダは俊足と鋭いターンオブペースの持ち主であり、ジョー・ハート、カール・スターフェルト、ヨシプ・ユラノビッチは守備の要として加わった。

新加入の選手を理解し、慣れ親しんだ後は、国内の覇権を取り戻すという極めてシンプルな任務を遂行することになる。この目標を達成するのは容易なことではないが、その後は欧州での活躍に目を向けることになる。

あなたのシーズンはここから始まる

FM22の初めてのシーズンのためのネタを提供できていれば幸いです。

何から始めようか決めたら、ソーシャルメディアでの情報発信をお願いします。

今回はセンターバックに新しい役割が追加されたり、マッチエンジンの変更でセンターバックがボールをよく持つようになったので、3バック戦術を取りやすいクラブが多く紹介されていたように感じます。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ