スーペル・デポル 第7話 2026-27シーズン(Football Manager 2021)

2021年7月24日土曜日

Football Manager Football Manager 2021 Football Manager 2021日記 スーペル・デポル

t f B! P L

前回はついにCLの出場権を獲得をしたが、依然として移籍予算は少なめ。今季にCLの賞金や放映権料をもらって、それが移籍予算に反映されるのは来季からという感じか。

今回でついに7話目で、1部に昇格して5期目ということもあって、序盤に獲得をした若手選手も成長をしてきて、即戦力の補強が必要になるようなポジションも限られてきたような気がする。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

初回はこちらです。

前回はこちらです。

補強

今季のスタメンは右のセンターバックがバからニーニョ、ミッドフィルダーの右がトロからジェラール、左のフォワードがトルクルジャからヴァレンズエラへと変更になった。


獲得は上で、売却は下の画像の通り。夏の移籍期間の最終日に去年までスタメンのフォワードで36得点13アシストの活躍をしたトルクルジャが移籍金80億円でアトレティコ・マドリードへ引き抜かれた。そこで得た大金を使って大急ぎで合計51億円で3選手を獲得した。

支払った移籍金の合計は90億円、受け取った移籍金は84億円と多くのお金が動くこととなった。

ガブリエル・ニーニョ

トルクルジャの放出前に獲得をしていた選手。守備関係の能力ではタックルとポジショニングが既に15以上で、フィジカルを見てもジャンプ到達点、スタミナ、スピード、バランス、健康さ、敏捷性が15以上で、欠点もない18歳としてはかなり優秀な選手で、うちのクラブであればスタメンクラスか。このレベルが11億円で獲得できたのはかなり嬉しい。なかなか強いが、ニーニョを日本語に訳すと男の子という意味になるという可愛らしさがある。

去年スタメンだったバと比較をすると、バはジャンプ到達点と強靭さが優れていたが、それ以外の守備やフィジカルに関する能力は13,14前後のものが多かったが、ニーニョは大きな欠点はないものの割とデコボコした能力をしていて、守備系の能力をとってもタックルとポジショニングは優れているが、マーキングは劣っている感じ。

ジェルソン・キニョネス

同じくトルクルジャの放出前に獲得をしていた選手。チリの名門コロコロから6.5億円で獲得。スピード、バランス、加速力、敏捷性とフィジカルが優秀。勝利意欲が20と最高評価。

サニ・アゴハ

スペイン2部のエストレマドゥーラから獲得をした。エストレマドゥーラはミッドフィルダーのミゲル・クエラーと同じ出身クラブ。あまり聞いたことのないクラブだが、2007年に創設をされたクラブで、初年度は6部から始まるのだが、2018-19シーズンには2部でプレイをするなど、なかなか勢いのあるクラブみたいだ。能力を見ると支配力、反応、判断力が16と優秀で他の能力も悪くない。コーチングも16と高く、若い選手としてはかなり珍しいと思う。視野も16とかなりパスコースを探す能力が優れているが、パスが10と精度は普通。成長の度合いを見てスタメンをアバドと入れ替えたい。

ケヴィン・フィセラー

バイエルンから移籍金24億円で獲得をした。16歳と非常に若い選手だが、既に悪くない能力をしており、1部レベルで見ても欠点は無い。判断力がこの年齢で15と恐ろしく高い。リーダーシップは1ととても低く、優秀ではあるが、リーダータイプではなく、先輩たちに可愛がられる感じなのかと妄想が出来る。

フラン・カラマティッチ

クロアチアの名門ディナモから移籍金13億円で獲得。トルクルジャが抜けてフォワードの選手層が薄くなったので獲得。スピードと加速力が高くて足が速く、両足が使える選手。

スティーブ・ワンダー

名前が盲目の有名歌手に似ているのは気のせいか。ジャンプ到達点が高く、少し予測力が低い以外の欠点は無いので、今後の成長に期待という感じ。リーグの外国人登録が3人までで枠があいていないので、しばらくはBチームでプレイをしてもらう。

既存の選手

カルロス・アバド

第7話であるが、かれこれ1話から使い続けて、最初は25歳であったがもう30歳になってしまった。顔写真は25歳以下のはずだが、不思議と30歳と言われても違和感がない感じがする。来年頃に今期獲得した若手キーパーのアゴハと入れ替える予定。

イバン・ロドリゲス

2部時代に1700万円で獲得をして今までスタメンで頑張り続けているコスパの良い選手。悪くない能力で、補強の優先順位が低い右サイドバックだが、30歳と年齢が年齢なのでそろそろ補強をしたいところ。

セバスティアーノ・ルベルト

1部昇格の2年目にフリーで獲得をした選手。若手選手が育ってきたので、スタメンでは数少ないオジサン。

ビスマルク・パディーリャ

昨季獲得をしたブラジルの若手サイドバック。そこそこ育ってきたので今年からレイスに代わりスタメンを務める。クロス、ドリブル、パスはまだ微妙で、視野も最低限という感じでボールを持った時のプレイが微妙だがそれ以外はそこそこという感じ。判断力が15と高くプレイ判断が良いのが嬉しい。

去年までスタメンだったレイスと比較をするとやはり。クロス、ドリブル、パス、視野といったボールを持った時のプレイに関係する能力が弱い。しかしそれ以外は同等なレベルで、まだ若いのでこれからに期待をしたい。

ヤイール・ベージョ

18歳で獲得をしたときと比べるとかなり育ってきて、パスが10から13、チームワークが8から11、予測力が9から12と成長をしておりかなり欠点が無くなってきたが、集中力だけはまだ6と低い。ドリブルや視野も成長をして武器となるレベルに成長をしており、昨季は14ゴール19アシストと大活躍をした。

フランシス・ジェラール

今期から長年中盤で守備を支えてきたトロに代わって今期からスタメンで起用。タックルとポジショニングが14と守備がそこそこで、パス、視野、判断力が高く、パス出しが上手い試合も作れるタイプ。まだまだ17歳と非常に若い。

去年までスタメンだったトロと比較をするとタックルとポジショニングが少しだけ低く、守備が若干劣るものの、パス系の能力を中心に攻撃系の能力はジェラールが優れている。

ミゲル・クエラー

15歳で獲得をして4年がたったが成長がかなり著しい選手。パス、視野、判断力、予測力あたりが優れており、役割とタスクのところにもあるとおり、ディープライイングプレイPMが得意そうな感じ。

獲得をしてからの成長を見ると上記の通り全般的に大きく成長をしている。特にプレイ判断に関連する判断力、予測力、安定感に関係する集中力や冷静さが大きく成長している。また、体が成長をしてきたのか強靭さは6から12へと倍となっている。

デヤン・トリフォノフ

昨季は8ゴール6アシストとそこそこの結果。逆サイドのベージョの活躍を見るとサイドの選手は足の速さが大事なのか。普通に強い選手ではあるのだが、他の若手選手と比べると成長が緩やかで、あまりプロ意識は高くないのだろう。

スロボダン・テディッチ

8ゴール6アシストと本人の活躍はフォワードとしては地味ではあるが、チームは83得点となかなかの攻撃力を持っており、上手く周りを活かすようなプレイをしているのかと思っている。

ファビオ・ヴァレンズエラ

80億円でアトレティコ・マドリードへ移籍したトルクルジャに代わり今期からスタメンのチリ代表。オフザボール、加速力、敏捷性あたりが優れているのでポーチャーは得意そうには見える。ジャンプ到達点が高いわけではないが、ヘディングが16と精度が高い。決定力や予測力はもう少し欲しいが、これからの成長に期待か。

去年までスタメンだったトルクルジャと比べるとどうしても能力は劣っている。36得点13アシストの活躍の穴埋めをするのは難しく、少しチームの得点能力は落ちてしまうのはしょうがないか。トルクルジャの移籍金で若手選手を新たに獲得できたので、更なる将来に期待という感じか。

結果

リーグ戦は4位で今期もCLの出場権が獲得できた。CLは3位でグループリーグ敗退、その後参加をしたELの決勝トーナメントも初戦の敗退となった。カップ戦もローテーションをしたので2部のサンタンデールに負けて敗退をしてしまった。

リーグ戦の詳細を見ると去年と同じ4位ではあるものの、勝ち点は77から71、得点は83から76、失点は46から49と悪化をしており、トルクルジャが抜けた穴は大きかったようだ。とは言えどもCLの出場権は獲得できているので、賞金や放映権料などの財政面では変わらずなので問題は無いか。

リーグ戦ではCLの出場権の獲得を目標とするが、厳しい戦いが予測されるのでCLはローテをして戦った。現実でやったら凄く色々な人から怒られそう。グループリーグはインテル、セルティック、レスターが相手で、インテルは無理で、レスターも難しくて、セルティックは戦えるかという予測。インテルは予想通りにホームもアウェーも負けて、レスターは1勝1分と期待以上の結果だったが、セルティックでホームで勝ったもののそれ以上にアウェーで負けてしまい、グループリーグで敗退となってしまった。EL決勝トーナメントは初戦でポルトガルのギマランイスに負けてしまった。

個人の成績を見るとヴァレンズエラ、テディッチ、トリフォノフ、ベージョが2桁得点と去年のように一部の選手に偏っておらず、満遍なくとれているのは良い感じはする。

クエラーが11アシストと、成長をした成果が出せているのがちょっと嬉しい。

来季に向けて

来期にはGKをアバドからアゴハに交代予定で、残る若手ではない選手はロドリゲスとルベルトとなる。戦力的にもここが劣っているポイントだと思うので、CLで稼いだお金で来期はここを補強して、優勝争いが出来るレベルにならないかと思っている。

次回はこちら。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ