4-4-1-1(Football Manager 2020の戦術解説)

2020年8月30日日曜日

Football Manager

t f B! P L

 前に戦術を紹介した記事「4-3-3(Football Manager 2020の戦術解説)」でのデメリットとして

・選手の配置が前がかり
・ビルドアップの際にセンターバックがパスを出す先が基本的にボランチ1人しかない
・上記の理由より、ハイプレスをかけられると死ぬので、上位相手のクラブには使いづらいので、下位のクラブがメインの戦術にすえるのはつらい

などなどがあったのでそこら辺を解決する戦術を考えてみた。

戦術の解説

とりあえずゲーム内の戦術設定は以下のような感じ。個人の戦術設定はしていない。

4-3-3からの変更は以下の2点

・相手の守備ゾーン内に入る選手を3人から2人(フォワードとトップ下)に減らして後方に配置する選手を増やして守備を安定化
・センターバックからボールを出せる先の選手を1人から2人(DLPとRPM)にしてビルドアップが楽になるので、ハイプレスにも耐えられたり、センターバックに求められる足元のレベルが下がる

ポジション別必要な能力

フォワード、トップ下

4-3-3の時と同様に密集地帯でプレーをすのでファーストタッチ、オフザボール、予測力、バランスが大切。トップ下は外側に近いのでパス、視野、判断力もあっても良いかも。

セントラルミッドフィルダー、サイドミッドフィルダー、サイドバック、センターバック

4-3-3の時と同様。パス、視野、判断が大事。サイドの選手はクロスもあったら嬉しい。

ゴールキーパー

しらん

弱点

こう言ってしまったら元も子もないのだが、選手を後方に多く配置しているので得点力が低め。そのため、ちょっと弱めの相手に勝ちきれない心配とかがある。あとサイドミッドフィルダーが天性の選手が少ないのでスカッドを組むのがちょっとしんどい。適性が熟達や適任の選手を獲得して、天性に伸ばす必要があるかも。

実例(レバンテ1年目優勝)

結果は以下の通り、リーガエスパニョーラを優勝。流石に出来すぎてウケる。アトレティコもびっくりな堅守っぷりだ。

選手は以下のような感じ。

GK

CB

CB

RSB

LSB

CM(DLP)

CM(RPM)

RM

LM

AM

FW

個人の成績は以下のような感じ。

期待していたよりトップ下の得点数が少ないのと、パス数が多い。これはトップ下が自分が求めているより低めの位置でプレイしていたように思えるのが原因かもしれないし、選手自体の能力が原因かもしれないのでそこらへんはもう少し詰めていく必要がある。トップ下を配置しないで、2トップにする手もあるが、トップ下の選手が守備時にボールを追いかけまわしてくれるのが結構効いている気もするので難しいところ。前目に出てくれるようなプレイスタイルを持っているトップ下の選手を獲得して何とかする感じが良いのか。あと、思いのほかにサイドのミッドフィルダーが得点をしてくれているので、それに結びついている能力をこれから調べたい。

さいごに

過去作のFootball Managerでは相手がCB2人ならこっちは2トップ、CB3人なら3トップの戦術にすると効果的という理論があって、実際にそれが効果的に働いていた。実際当時のリアルのサッカーも現代と比べると前線の選手に容易にボールが入るようなオープンな感じで、前線の選手とセンターバックが対峙する場面があり、Football Managerでもそんな感じだったのでその理論が有効だったのだと思う。しかし現代は守備戦術の進歩の影響で前線の選手に簡単にボールが入ることはないと思うので、なかなかこの理論は厳しいところがあるのではないかと思う。
そんなこんなで、新しいFootball Manager(2020だけかもしれないけど)で求められる戦術の組み方は、相手の守備陣内に何人の選手を配置するか、ディフェンスの最終ラインからボールを出せる先を何人にするかを考えて、対戦する相手チームに合わせて攻守やビルドアップのバランスをとることになるのではないかと思う。そして、前線の選手には狭いエリアで活躍する能力が求められて、それ以外の選手はビルドアップに必要な能力が求められる気がする。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 ■ホームページ FMのブログや動画を集めた...

QooQ