長期プレイにおすすめの8つのクラブ(Football Manager 2022)

2022年1月14日金曜日

Football Manager Football Manager 2022 翻訳記事

t f B! P L

今回は英語の記事翻訳で、公式が長期プレイにおすすめなクラブを紹介しています。

元ネタはこちらです:Eight Long-Term FM22 Challenges | Football Manager 2022

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

当ブログではFootball Managerの様々な情報を発信しているので、よろしければ他の記事も見ていってください。

気温が下がり、夜が更けてくると、Football Managerの長期的なキャリアに時間を割くことになる。たとえ数シーズンであろうと、自分のクラブで大舞台に立ち、新境地を開拓する前に、各ディビジョンを駆け上がっていくことには、紛れもないやりがいがあるのだ。

このページでは、FM22の長期的な取り組みとして、世界各国から選ばれた8つのチャレンジをご紹介します。

1.FCケルン

マスコットであるヤギとその愛称が有名ですが、実は1.FCケルンもブンデスリーガで2度、DfBポカールで4度の優勝を誇るドイツ屈指のビッグクラブなのです。

しかし、1983年以来、国内のトロフィーを獲得しておらず、近年は、2部リーグでは通用するが、ブンデスリーガに長期間とどまるには選手層が薄い、ヨーヨーのようなチームであった。しかし、2021-22シーズンは3年連続のトップリーグ入りを果たし、上位に食い込むだけのクオリティーを備えているように思われる。

マルク・ウート、アントニー・モデスト、セバスティアン・アンデションといったタレントが揃っておりゴールに困ることはないだろうし、オンドレイ・ドゥダとキャプテンのヨナス・ヘクターはどのクラブも必要としている代表経験を持っている選手がいる。若いサイドバック、ノア・カッターバッハやワイドプレーヤー、ヤン・ティールマンが将来有望である。

クレルモン・フット

クレルモンフット63は近年、新しい歴史を多く作っている。2014年、彼らは女性監督が率いる初のプロ男子チームとなり、現在レ・クレルモントは現ボスのパスカル・ガスティアンの下、史上初めてリーグ1ユーバーイーツに参戦している。

クレルモンは降格候補の一角を占めるが、オッズメーカーが誤るような質の高い選手たちが揃っている。小柄なウルグアイ人選手、ジョナサン・イグレシアスは中盤でリーダーシップと狡猾さを発揮し、モハメド・バヨとエルバ・ラシャニには豊富なストライカーコンビを形成する資質が備わっている。

1年目のシーズンを終えれば、ヨーロッパのコンペティションで輝きを放ち、フランスの首都で確固たる地位を築いているチームに挑戦し、順位を上げていくことができます。

ルートン・タウンFC

10年余り前、財政難からルートン・タウンはイングランド・フットボールリーグから脱落し、初めて5部に移行した。当然のことながら、ベッドフォードシャーのクラブにとって復帰までの道のりは長かったが、現在では3シーズン連続で2部に参戦している。

ハッターズは2021年の早い時期からその潜在能力を発揮していたが、夏の素晴らしい人材確保により、今度こそ昇格候補に名乗りを上げたと感じている。フレッド・オニェディンマは昔ながらのウィンガーで、スピード、トリック、クロスの能力に長けており、カルロス・メンデス・ゴメスの昨シーズンのゴール前での活躍は、モアカムFCが3部に昇格した大きな理由であった。これらの攻撃的な才能に加え、マザーウェルで大きな可能性を示した後、長らく獲得候補になっていたスコットランド人MFのアラン・キャンベルを獲得した。

イングランド2部は、世界で最も競争の激しいリーグの一つです。昇格はおろか、プレーオフに進出するのも至難の業だ。しかし、このルートンのチームにはその可能性があり、彼らをトップリーグの座に導いた後は、地元のライバルであるワトフォードと自慢できる権利をかけて戦うことになり、さらに多くの可能性を秘めるでしょう。

VfLボーフム

VfLボーフムは、世界で最も古いスポーツクラブの一つである。サッカーチーム自体は1911年まで結成されていなかったが、その起源は1848年まで遡ることができる。それはとても古いことだ。

Die Unabsteigbaren(直訳すると「乗り越えられないもの」)というニックネームを持つVfLボーフムは、昨シーズンのブンデスリーガ2部を制覇し、10年以上ぶりにブンデスリーガへの復帰を決めた。

2度のDFBポカール決勝進出を果たしたこのチームの最大の強みは、サイドバックのクリスチャン・ガンボアとダニーロ・ソアレスの経験、そして長年FMで人気を博してきたアルメル・ベラ=コチャンプの大きな可能性がその一因だ。さらに、ダニー・ブルムと浅野拓磨がコンゴ出身のシルヴェル・ギャンブラやセバスティアン・ポルターのために、広い範囲からスピードとボールを供給し、カウンターアタックのスペシャリストとなる素地を備えているのだ。

戦術がうまくいけば、残留するのに十分すぎるほどの力を発揮するはずだ。そして、地元のライバルであるボルシア・ドルトムントに肩透かしを食らわせることができるだろうか?

サットン・ユナイテッドFC

FM22の大きなテーマのひとつは、成功を収めたクラブを称えることですが、その典型的なクラブがサットン・ユナイテッドです。昨シーズンは、イングランド5部で優勝し、123年の歴史上初めてEFL(※プロ扱いになる4部以上)への昇格を果たしました。

昇格してプロになったとはいえ、そのアイデンティティと魅力はそのままに、人気を博している。地元の人々によって運営されている地元のサッカークラブであり、その点では好感が持てる。

昇格を果たしたチームと夏の間に行った鋭敏なビジネスを見て、Not The Top 20 Podcast(※イングランドのサッカー番組)のチームを含む多くの関係者は、イングランド4部での1年目は降格を避けるだけでなく、中位グループを目指すと予想した。シーズン開幕から3ヶ月間の彼らを見ていると、その理由が容易に理解できる。

昨シーズン、レンタル先のミルウォールで16ゴールをあげて帰還をしたアイザック・オラオフを、ドナヴァン・ウィルソン、トビ・ショー・シルヴァ、リッキー・コルボアらがサポートする。ロバート・ミルソム、デイビット・アジボアイ、そして新加入のエンツィオ・ボルドヴァインは創造性を発揮し、ベン・グッドリフはバックで支配力を発揮、セットプレーから相手の頭を悩ませることができる選手である。

カップ戦での活躍や悪名高いゴールキーパー(※2016-17シーズンのFAカップで勝ち進んで色々と話題になった)で知られることもありますが、私たちは間違いなく前進し続けると思っています。あなたは、南ロンドンで楽しい時間を過ごすために必要なものを持っていますか?

FCザンクトパウリ

人気チームといえば、ドイツ2部のFCザンクトパウリは、その独特の文化で世界中のファンから根強い人気がある。

今世紀に入り、ブンデスリーガへの昇格を2度果たすなど、ピッチ上ではそれなりの実績を残している。しかし、ブンデスリーガでの成績はあまり良くなく、2回とも最下位に終わっている。

ヴェルダー・ブレーメンとシャルケ04の降格により、ハンブルガーSVやフォルトゥナ・デュッセルドルフといったビッグネームが所属する2部ブンデスリーガの注目度は以前にも増して増して高まっている。最大3チームまでしか昇格できないため、競争は激しいが、現実のシーズンの3分の1を終えて、得失点差で2位につけているのはハンブルクの街のライバル、ザンクトパウリである。

オーストリアのギド・ブルクシュタラーのゴールの後押しで、あなたは彼らの成功を再現し、世界中で賞賛される昇格を実現することができるでしょうか?一旦大舞台に立ったら、彼らの滞在を永続的なものにすることがあなたの最大の目標です。

ケルティ・ハーツ

ここで紹介するいくつかのチームが長い間成功を収めている一方で、スコットランドのケルティ・ハーツは近年、劇的な進化を遂げている。

ファイフのチームは4年前にスコットランド4部への参加資格を得たばかりで、それ以来、昇格を達成するためにひたすら努力を続けている。過去2シーズン、パンデミックに見舞われたスコットランド5部で首位に立った彼らは、5月にそのチャンスを掴み、ブレチン・シティを2ndレグで破り、スコットランドのリーグで42番目の座を手に入れたのである。

このレベルでは新参者ですが、ケルティでの最初のシーズンはタイトル候補として臨むことになるでしょう。ジョー・カードル、ネイサン・オースティン、ジェイミー・バージョナス、トーマス・オワレ、カラム・ヒギンボザムといった、より高いレベルでプレイしてきた実力者が揃っています。

コーブ・レンジャーズは新しいチームに可能性を示しており、ケルティで彼らの業績を真似る、あるいはそれ以上のことができないわけがないのです。また、各ディビジョンでローカルダービーが開催され、常に気を引き締めることができる。

ラドミアク・ラドム

レギア・ワルシャワは過去6回のリーグ優勝のうち5回を占めるなど、近年ポーランドサッカー界を牽引してきたが、開幕11試合でわずか3勝と、番狂わせの扉を開けてしまった。さらに下位に位置するラドミアク・ラドムは、36年ぶりにエクラクラサに復帰した今シーズン、その野望はやや控えめなものとなっている。

ラドミアクは、サンバ色の強いポーランド人選手を中心に構成され(ポルトガル、ブラジル出身の選手が4人いる)、組織的で優れたディフェンスと、番狂わせを起こすことを好む監督に適した武器を持っている。

2019年に21年間続いたポーランド2部での低迷を終え、その後リーグ2位、ポーランドカップで史上初の優勝を果たしたラクフ・チェコストワの偉業を打ち負かすことが、グリーンズでのあなたの挑戦となるのです。

これらの提案が、あなたの次のFM22のキャリアを考える材料になれば幸いです。また、ソーSMSで、皆様のご活躍をお聞かせください。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ