冬のアップデート後に新しくプレイをするのにオススメな10のクラブ(翻訳記事)

2022年3月20日日曜日

Football Manager Football Manager 2022 翻訳記事

t f B! P L

今回は公式のブログで冬アップデートにプレイをするオススメクラブについての記事があったので翻訳をしました。

元ネタはこちらです:10 Teams to restart your journey with in the Main Winter Update | Football Manager 2022

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

当ブログではFootball Managerの様々な情報を発信しているので、よろしければ他の記事も見ていってください。

Football Managerの多くのプレイヤーは、冬のメインアップデートを機に、新しいキャリアをスタートさせます。1月の移籍と世界中のクラブの現実の調子が、全く新しい様々な冒険の扉を開いてくれるのです。しかし、どこから始めればいいのか悩むところです。そこで、私たちのお気に入りの新しいチャレンジを10個をリストアップしてみました。

ブラックバーン・ローヴァーズ

ローヴァーズをこのリストに入れた大きな理由は、彼らのトップスコアラー、チリ人のベン・ブレアトン・ディアスです。

ブレトン・ディアスのこの1年の成長は、Football Managerの世界的な広がりとパワーを示したというだけでなく、フォローすべき最高のストーリーのひとつです(※イングランド生まれの選手だが、チリの国籍も持っていて、Football Managerでそれを見つけたサッカーファンがSNSで彼をチリ代表に呼ぶべきだと騒いだら、実際にチリ代表選手になったという話があった)。彼はシーズン開始以来、リーグ戦30試合に出場して20ゴールを挙げ、この成績はブラックバーンを予想外の自動昇格圏内に押し上げました。

オリンピック・リヨン

21世紀のフランスで最も安定した成功を収めたクラブのひとつであるオリンピック・リヨンは、現在、シーズンの3分の1を残すのみとなったリーグ1でなんと大陸大会出場権獲得の圏外にいます。

過去2回の移籍期間で重要な選手を何人か売却したが、それでも良いスカッドを誇っている。ジェローム・ボアテングとレオ・デュボワは強固なディフェンスの土台となり、フセム・アワール、ルーカス・パケタ、マクサンス・カケレ、そして新加入のローマン・フェーブルは中盤の創造性を保証している。PSGの支配に対抗するため、勝利のための戦術を構築するのはあなた次第です。

AFCボーンマス

ボーンマスほど、冬の移籍市場でうまく立ち回ったチームはないだろう。

チェリーズはすでにイングランド2部のベストチームの一つであったが、1月にピッチのすべてのエリアで本物のクオリティを追加し、昇格への挑戦をさらに加速させた。

ウェールズ代表のストライカー、キーファー・ムーアは、天性のゴール嗅覚と身体能力を前線にもたらし、攻撃プレーに新たな局面をもたらします。

一方、イングランド2部で最も評価の高い若手ディフェンダーの一人であるジェームズ・ヒルを獲得したことは、現在だけでなく将来も見据えていることを示している。

最初のプレイで昇格を決めるのは簡単なことで、そこから次のトップリーグでの滞在を恒久的なものにするための真の基盤を手に入れることができます。

ASサンテティエンヌ

ASサンテティエンヌはフランスサッカー史上最も成功したクラブだが、今シーズンはリーグ1で最下位に沈んでおり、レ・ヴェルトにとって真のチャレンジとなります。

1月にはバカリ・サコ、ジョリス・ニャニョン、FMファンのエリアカン・マンガラがフリーで加入し、ポール・ベルナルドニ、エンゾ・クリヴェリ、ファライ・サコはレンタルで獲得した。これらすべての補強は、チームの背骨を強化するはずだ。

サンテチエンヌがフランスサッカーの頂点に立ち続けるために、選手たちの力を最大限に引き出すシステムを考案する戦術的センスを、あなたは持っているだろうか?

SCフライブルク

SCフライブルグはブンデスリーガで安定して上位に位置し、その成功は優れたスカウト網と巧みなマネージメントによって支えられていて、実力以上の力を発揮しています。

今シーズンは開幕から10試合無敗と好調で、再び大陸大会の舞台を目指すことになっています。

イタリア人選手のヴィンチェンツォ・グリフォは創造的な巨匠で、素晴らしいセットプレーを決め、韓国人選手のチョン・ウヨンはトッププレーヤーに成長しつつある。若いベルギー人選手、ヒューゴ・シケの加入は、明るい未来に向けた強力なチームを受け継ぐことを示している。

トリノ

地元のライバル(同じトリノ市に本拠地があるユベントス)を打倒する長期的なチャレンジを視野に入れた1チームです。

トリノは昨シーズン、辛うじて降格を免れたが、今シーズンはより組織力を高め、現在11位につけている。この改善の鍵は、アレッサンドロ・ブオンジョルノとブレーメルを中心とした強固なディフェンスにある。

トップ7に入るのは簡単ではないが、アンドレア・ベロッティのような実績あるゴールゲッターを筆頭に、トマソ・ポベガやウィルフリード・シンゴが力強く成長しており、真のコアを構築することができるだろう。トリノでナンバーワンのチームになる日は、本当に素晴らしいものになるだろう。

PSVアイントホーフェン

マリオ・ゲッツェのような大物選手、ノニ・マドゥエケのような目を引く若手、イブラヒム・サンガレのような過小評価されている中盤の主軸など、現在のPSVアイントホーフェンのチームには非常に多くの魅力が詰まっています。

エールディビジの栄光を勝ち取った後、大陸大会に本格的に挑戦することも問題ないだろう。

1.FSVマインツ05

FSVマインツ05のブンデスリーガにおける最高成績は2009年まで遡り、5位である。この5年間はトップハーフに入ることができなかったが、現在のチームは少なくともこの状況を終わらせることができそうだ。

ライン川沿いの都市マインツは、多くの歴史的建造物があり、初めて可動式印刷機を製造した人物の出身地としても知られています。サッカークラブからは、現在イギリスのトップレベルで活躍する数人の監督が誕生しています。

エブスフリート・ユナイテッド

イングランド6部の中でも数少ないプロチームの一つであるエブスフリート・ユナイテッドは、今シーズンの昇格に大きな期待を寄せています。

しかし、昨年はパンデミックの影響により、その目標を達成することができませんでした。しかし、その間に、より高いレベルのリーグで素晴らしい実績を持つ選手で構成された、充実したチームを作り上げました。

エブスフリートには、大陸と直通で結ばれた国際鉄道の駅があります。ヨーロッパツアーの計画を立てるのはまだ早いですか?

レギア・ワルシャワ

数ヶ月でなんという違いでしょう。

昨シーズンは、15試合無敗の快進撃で、すでにポーランドサッカー界で最も成功しているレギア・ワルシャワが、15回目のエクストラクラサタイトルを獲得しました。

今年は9月から11月にかけて7連敗を喫し、レギアは最下位に沈んでいた。2部降格は考えられないが、ありがたいことに最近、いくつかの大勝利でその可能性を減らし始めている。

スタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴの指揮官になったら、かなり大きなチームの整理をするのが最初の仕事のひとつになるでしょう。その後は、国内での活躍とヨーロッパでの活躍を目指すことになる。

これらのアイディアが、あなたの次のセーブのためのちょっとしたインスピレーションになっていれば幸いです。また、あなたがどこでどのような監督をしているかSNSで教えてください。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ