エリアカン・マンガラ/FMを愛する理由(翻訳記事)

2020年11月2日月曜日

FMを愛する理由 Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 翻訳記事

t f B! P L

フランス代表の出場経験があり、 元マンチェスターシティで現在はバレンシアに所属のエリアカン・マンガラがFMについて語ります。

フランス代表の中ではFootball Managerが流行っているみたいで、マンガラ以外にも、グリーズマン、ポグバ、キャバイェなど沢山の選手がプレイをしているようです。

現実ではパワフルなセンターバックの彼ですが、ゲームの中ではどのようにクラブを率いているでしょう。

このシリーズでは、有名人やゲーム製作チームの友人たちに、なぜ彼らはFootball Managerシリーズに夢中になっているのかについて話を聞いてみたいとおもいます。最高の移籍から最高のセーブデータまで、私たちは彼らの物語を掘り下げていきたいと思います。

フランス代表センターバックのマンガラは、イングランドで5年間を過ごした後、マンチェスターから夏にバレンシアに移籍しました。Football Manager 2020のバレンシア・スペシャルエディションはこちらで購入することができます(※現在は購入できない)。マンガラの新クラブを、公式なユニフォーム、エンブレム、選手の顔写真でプレイをすることができます。

彼は余暇にFMをプレイしているらしいので、早速インタビューをしていきたいと思います。


どうやってプレイクラブを選んでいますか?

プレイをするクラブを選ぶのは難しいですね。お気に入りのクラブで始めるか?放浪プレイをするか?下位リーグで始めるか?FMでシーズンをスタートさせるとき、私は面白い挑戦をすることを楽しんでいるし、移籍予算を守った中で、色々なことを試みています。この2つが私にとって大事なことでです。

ゲームを始めたときに最初にすることは?

私は自分の戦術を実行に移すために、たとえそれがトップ選手であっても、システムに合っていない選手は売却をします。私は個の力より、チームの力を信じています。なので冷酷にならなけれないけません。

移籍ではどんなアプローチをとりますか?

プレイをしているクラブによります。チームを作る必要があるなら、自分の戦術のために最高の選手を揃えたいので、多くのお金を使うかもしれません。でも、良い若い子たちを連れてきて成長をさせることで、より賢くクラブを強化することもできます。いろいろなチャレンジをして、いろいろな問題を経験するのが好きです。

選手のどこを見ますか?

ワンダーキッドが好きです。いつもすべてのポジションで将来のスターを探しています。

好きなタイプの選手は?

好きなタイプの選手はウイング、特に右サイドの選手です。サイドバックもまた、攻撃では幅を維持し、守備ではバランスを保つために重要な役割を担っています。

一番偉大な功績は?

ボルシア・ドルトムントでは、1シーズンで5つのタイトルを獲得しました。リーグ、カップ、チャンピオンズリーグ、スーパーカップ、クラブワールドカップ。そのチームには勝つためのすべてがあった。この年には、私の選手のうち3人が年間最優秀選手の表彰台に上った。私たちはすべてを成し遂げた。

最高のセーブデータは?

同じセーブデータでマンチェスター・シティに移籍して、5つのタイトルを獲得しました。最初のシーズンである2024/2025年にはCLで優勝し、ドルトムントで4回、シティで2回、計7年間で6回の優勝を達成した。その後、フランスに移籍し、ワールドカップとユーロを制覇しました。

最高の移籍は?

私の最高の契約は、フランクフルトのフランス人ストライカー、セバスティアン・ハラーでした。ブンデスリーガを知っている選手を求めていたのですが、彼がドルトムントに到着したとき、彼は本物の怪物になりました。彼はゴールを決めてはゴールを決め、何度かアシストもしてくれたし、我々にとって非常に決定的な存在でした。彼とフェキル、そしてムバッペとの関係は信じられないほどでした。彼は大陸大会では、私のためにトップスコアラーになるほどゴールを決めてくれました。

率いたチームの中で最高の選手は?

私が率いた選手の中で最高の選手はキリアン・ムバッペです。簡単だよ。

最高のワンダーキッドは?

サンドロ・トナーリは間違いなく、この世代で最高のミッドフィルダーです。彼は中盤をコントロールし、完璧なパススキルを持っていて、非常にテクニカルで戦術的な選手だ。レオン・ベイリーもまた、驚異的な選手だ。

FMの好きなところは?

FMは年々リアルになっていますね。タイトルを獲得したいのであれば、機会を逃すことはできない。トレーニング、選手の士気、プレースタイル、対戦相手のスカウティングを管理しなければなりません。私は記録を更新し、監督をしているチームの選手とともにヨーロッパを支配したいと思っています。

この企画のFMのインタビューで、どのプロサッカー選手も大事なポジションとしてウイングをあげているという共通点がありますが、現代サッカーにおいてどのクラブにおいてもチャンスを作るのはこのポジションであるということなのでしょうか。

現実ではパワフルなセンターバックですが、FMのゲームの中では、トレーニング、選手の士気、プレースタイル、対戦相手のスカウティングなどを細かく管理する監督というギャップが良いですね。怪我が多く期待をされていたほどの活躍は出来ていないかもしれませんが、ナーゲルスマンのように怪我が原因で選手のキャリアをあきらめた後に監督として成功をした監督もいるので、セカンドキャリアで監督として活躍をしてほしいですね。

元ネタ:ELIAQUIM MANGALA | WHY I LOVE FM

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ