FM22で冬のアップデートで能力が上がった選手(翻訳記事)

2022年3月18日金曜日

Football Manager Football Manager 2022 シリーズ関係なく楽しめる記事 翻訳記事

t f B! P L

今回は公式のブログでFM22の冬のアップデートで能力が上がった選手についての記事があったので翻訳をしました。

元ネタはこちらです:Who received an upgrade in the FM22 Main Winter Update? | Football Manager 2022

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

当ブログではFootball Managerの様々な情報を発信しているので、よろしければ他の記事も見ていってください。

例年、冬のメインアップデートは、Football Managerファンにとって大きなイベントとなります。1月の移籍が反映され、世界中の何千もの選手の評価がシーズン前半のパフォーマンスに基づいて調整される時期なのです。私たちはデータベースを掘り起こし、冬のメインアップデートで「現在の能力」をアップグレードしたベストプレイヤーを10人選び出しました。

ジュード・ベリンガム - ボルシア・ドルトムント

ジュード・ベリンガムについて話す機会を逃すことはめったにないので、彼がアップグレードされた選手の一人であることがわかったとき、彼を取り上げるのは当然のことだったのです。

ベリンガムは、技術的にはまだキャリアの発展段階かもしれないが、この18歳はすでに世界最高のミッドフィルダーへと開花している。ボルシア・ドルトムントでは、22試合に出場し、3ゴール、6アシストを記録し、生産性を高めている。

少なくとも今後10年間は、クラブと国のために中盤を支配する能力を備えています。FM22でそれを実現できるかどうかは、あなた次第です。

オーレリアン・チュアメニ - ASモナコ

ASモナコは出遅れを克服し、シーズン後半には大陸大会の出場権を獲得できる位置につけている。その復活の鍵となったのは、オーレリアン・チュアメニのパフォーマンスである。

この22歳は、強豪チームから関心を持たれており、その理由は容易に理解できる。中央でも守備的MFでもプレイできるチュアメニは、タックルに積極的で、フィジカルなランナーであり、鋭いパスの出し手でもある。90分間、草の葉の一本一本までカバーするような選手であり、今回のアップグレードで、彼は完全な選手となった。

ジェレミー・フリンポン - バイエル・レバークーゼン

オランダ代表の右サイドバック、ジェレミー・フリンポンは、今シーズンのブンデスリーガで最高の選手の一人であり、彼の素晴らしいパフォーマンスが評価されて能力が上昇したことは、驚くにはあたらない。

瞬発力のあるフリンポンは、前へ前へと走り、相手選手を倒そうとする意欲を見せる。6つのアシストを記録し、バイエル・レバークーゼンのプレイスタイルに欠かせない存在となっている。

バイエルの最初の数ヶ月は好調で、エクアドル人DFのピエロ・インカピエをはじめ、最も安定したパフォーマンスを見せる選手たちにも成長が見られるようになった。ドイツに移籍したとき、この左利きのセンターバックには大きな期待が寄せられていたが、彼はすでに隙のない能力を発揮している。

リアム・トンプソン - ダービー・カウンティ

ダービー・カウンティは今シーズン、21ポイントの減点を受けながらもイングランド2部からの降格回避を目指し、ピッチ内外で厳しい戦いを続けている。

ラムズはこれまで、若い選手に頼らざるを得ず、気迫と一体感のあるパフォーマンスを披露してきた。その中でも、ミッドフィルダーのリアム・トンプソンとアイルランド人右サイドバックのフェスティ・エボセレは、年齢以上の成熟を見せ、そのためアップグレードを受けることになった。

トンプソンはシンプルなパスワークを好む機動力のあるセントラルMFで、エボセレは相手の選手をパニックに陥れるようなスピードに恵まれている。FM22で彼らの才能を生かし、ダービーを安全な場所へと導くのだ。

アーロン・ヒッキー - ボローニャ

スコットランドは近年、優秀な左サイドバックを多く輩出しているが、その最新作がアーロン・ヒッキーである。

ボローニャは今シーズン、3バックに変更し、左ウイングバックとしてより高い位置でプレーできるようになり、あらゆる機会で前に出ることができるようになった。

24試合に出場して4ゴールを挙げ、今シーズンのヨーロッパで最も得点力のあるディフェンダーの一人である。

ウーゴ・エキティケ - スタッド・ランス

今シーズン、スタッド・ランスで活躍したフランスの若手選手ウーゴ・エキティケが、期限付き移籍でイングランドのトップリーグに移籍すると言われているのは、さほど驚くことではなかった。

ウィンガーとしてキャリアをスタートさせたエキティケは、スタッド・ランスで飛躍的な成長を遂げ、21試合で3アシスト、9ゴールを記録し、前線の中心選手としての地位を確立している。 

ファビオ・カルヴァーリョ - フラム

1月下旬にイングランドのトップクラブへの移籍が噂されたもう一人の選手は、フルアムのワンダーキッド攻撃的MF、ファビオ・カルバーリョである。

この19歳の選手は、今シーズン、フルアムのイングランド2部得点記録への攻撃において重要な役割を果たし、そのドリブル能力、スピード、そして模範的な決定力は、西ロンドンのチームに次々とチャンスを生み出している。

23試合に出場し、7ゴール5アシストを記録したカルバーリョは、今後長くイングランドサッカー界の中心的存在となるために必要な能力をすでに備えていることを証明している。

イリマン・エンジアイ - シェフィールド・ユナイテッド

シェフィールド・ユナイテッドは今シーズン、イングランド2部でフルアムほどの勢いはないが、フランス人アタッカー、イリマン・エンジアイの出現は彼らの明るい話題の一つである。

オリンピック・マルセイユのアカデミーを経て2019年にボレアム・ウッドと契約したエンジアイは、今シーズン22試合で3得点を挙げ、トップチームのレギュラーとして活躍している。

トリッキーな技巧を駆使するエンジアイの最大の強みは、ファーストタッチだ。プレーオフ進出へ向けての最後の追い込みで、彼は攻撃のダイヤモンドとなり得るか?あなたは、この21歳の潜在能力を最大限に引き出すことができるだろうか?

カボンゴ・ツィマンガ - チェスターフィールド

イングランド5部の昇格争いは今シーズンも魅力的だが、チェスターフィールドが有力候補である大きな理由は、カボンゴ・ツィマンガが奪ったゴールにある。

MKドンズを経て、このストライカーはかなり放浪的なキャリアを歩んできたが、現在はチェスターフィールドで家を見つけたようで、27試合に出場して24得点を挙げている。彼のゴールラッシュを考えると、リーグで15ゴール以上決めているのは他にいない。当然ながら、ツィマンガはこのリーグで最も大きなアップグレードを受けた。 

チェスターフィールドは1月、イングランド4部の関心を振り切ってツィマンガ を手に入れた。あなたは同じように、24歳の選手から同じようなリターンを得て、ダービーシャーのクラブを英国サッカー界のピラミッドに押し上げることができるだろうか?

ラファエル・オニェディカ - ミッティラン

近年、デンマークのスーペルリーガは、アフリカの若い才能に素晴らしい道を開くという評判を得ており、その恩恵を最近受けた一人がラファエル・オニェディカである。

20歳のナイジェリア人は、守備的MFやセントラルMFをこなし、積極的にボールを奪いに行き、より創造的なチームメイトにボールを預けることを好む。

ミッティランの中盤に安定感を与えるだけでなく、オニェディカは全コンペティションで4ゴールを記録している。今回のアップデートでオニディカが大きくアップグレードされたのは、このようなオールラウンドな活躍が評価されたからだろう。

スーペルリーガで注目すべきタレントは彼だけではなく、11月に16歳になった才能あるスウェーデン年代別代表のルーニー・バルドグジがデビューを果たしたのだ。このミッドフィルダーはFCコペンハーゲンでの2試合目の出場で得点を挙げ、将来は非常に有望であると考えられている。

その他にも、サッカー界全体で何万人もの選手がアップグレードを受けています。あなたがそれらを見つけ、FM22でそれらの選手を栄光へと導いてくれることを楽しみにしています。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ