UCサンプドリア(Football Manager 2021プレイガイド)

2021年1月28日木曜日

Football Manager Football Manager 2021 Football Manager 2021プレイガイド Football Manager 2021戦術

t f B! P L

今回のプレイガイドはセリエAのサンプドリアです。以前に紹介をしたマンチェスター・シティの戦術をセリエAのサンプドリアで使用したので、それについて書いていきたいと思います。

戦力確認

ゴールキーパー

そこそこな選手が3人そろっている感じ。一番手のアウデロと二番手のレティツァで個性が大きく異なっているので、戦術や対戦相手によって使い分けるのも面白いかもしれない。

エミル・アウデロ

1対1のシュートストップやコーチングには優れているが、身長の割には空中戦が苦手な感じ。ビルドアップは最低限は出来る感じ。

カルロ・レティツァ

アウデロとは打って変わって空中戦に優れたゴールキーパー。コーチングや1対1は苦手というほどではないが、少し心もとない。とはいえども、まぁまぁ優秀なキーパー。

ニコラ・ラヴァーリア

欠点が無くビルドアップが得意な感じ。少し空中戦は心もとないか。反応が優れている。

センターバック

まずは吉田 麻也が一番上に来ているのが面白いのだが、全体的に欠点が無い使いやすい選手がそろっている感じ。

吉田 麻也

全体的に欠点が無く、そこそこ良い感じな能力。守備もそこそこで、ビルドアップもできる選手。個性が強いセンターバックとマッチアップをしたときに苦労をするかもしれない。マーキングが得意。

ロレンツォ・トネッリ

吉田麻也と似て、全体的に欠点が無く、そこそこ良い感じな能力。守備もそこそこで、ビルドアップも最低限は出来る選手。こっちはタックルが得意。

オマー・コリー

この選手も全体的に欠点が無く、そこそこ良い感じな能力。ビルドアップも最低限出来る感じ。スキルやメンタルの守備的には吉田とトネッリに劣っているものの、フィジカル面で優れており、空中戦は優秀で、体の当たりの強さに関しては負けることは無いくらい強い。

ヴァスコ・レジーニ

長所も短所もなく、全体的にそこそこ。ビルドアップは最低限出来て、献身的なタイプの選手。サイドバックもできて、攻撃参加に関する能力も無くはないといった感じ。

右サイドバック

右サイドバックも欠点が無く使いやすい選手がそろっている。攻撃も官会えるとベレシンスキを起用しても良いが、守備はフェラーリのほうが優れているので、場合によって使い分けるのもありかもしれない。

バルトシュ・ベレシンスキ

攻守ともに欠点が無く全体的にそこそこといった感じで、運動量が豊富なサイドバック。ドリブルが得意なわけではないが、ドリブルをする特性がついている。

アレックス・フェラーリ

センターバックもできることから、少しセンターバック寄りな能力をしているが、攻撃参加に関する能力も最低限はあり、欠点は無いタイプの選手。守備と空中戦が優秀。足が速そうな名前だが、遅くはないレベル。

左サイドバック

アウジェッロはバランスの良い能力をしていて使いやすい。ドドもだいたいの能力が悪くはないのだが、判断力の低さが割と大きな欠点に感じる。

トマーゾ・アウジェッロ

欠点が無く、全体的にそこそこ優秀な感じ。運動量は豊富。

ドド

全体的にそこそこ優秀で良い感じの選手なのだが、判断力が少し低いのが気になるところ。

ミッドフィルダー

このポジションも全体的に欠点が無く使いやすい選手が多い気がする。献身的な選手が多いが、ゲームメイクが得意なタイプがいないのが少し気になる。

アドリエン・シウバ

守備は優秀、ビルドアップとフィジカルはそこそこ、攻撃参加は最低限といった感じ。欠点は無い選手。

モーテン・トルスビー

運動量お化け。チームワーク、運動量、勝利意欲が20に設定されており、スタミナも19ある。試合の最後までチームのために走り回る選手。空中戦やフィジカルコンタクトが強かったりする。モイーズが好きそうな感じ。守備はそこそこ優秀で、他の能力は悪くはないレベル。

アルビン・エクダル

運動量が豊富で、守備が優秀で、パスもそこそこ出せる選手。集中力、予測力、冷静さが高く、プレイの安定感がある。

ヴァレリオ・ヴェッレ

攻撃参加が得意な選手。パスはそこそこ出せるが、守備は少し心もとないか。

ヤクブ・ヤンクト

全体的に欠点が無くそこそこ。少し足が速くてクロスが得意で、サイドの適性もある通り、少しサイドの選手っぽい能力。

右ウイング

カンドレーヴァもラミレスも良い選手。強いて言えば、ラミレスの献身性の無さと、戦術的にこのポジションはインバーテッド・ウイングだが、カンドレーヴァが右利きなのが気になる。

アントニオ・カンドレーヴァ

オフザボールとクロスが得意な選手。あとは全体的にそこそこ良い感じ。

ガストン・ラミレス

ドリブルとアシストが得意な選手。得点能力はそこそこで、守備も前線の選手にしては悪くはないのだが、運動量とチームワークが低め。

左ウイング

バルデはドリブルが上手くて爆発力があり攻撃面は悪くはないのだが、守備は残念な感じ。一方でダムスゴーはなんでもできるポリバレントな感じ。このポジションはインサイド・フォワードを任せるので、攻撃的な選手を起用したほうが良いかも。

ケイタ・バルデ

足が速くてドリブルが上手い選手。得点能力やパスはそこそこで、守備は全くできない感じ。

ミッケル・ダムスゴー

オフザボールが優秀で、後はそこそこ良い感じ。前線はどこでもできるポリバレントな選手。

フォワード

能力が一番高いクアリャレッラは37歳のベテランだが経験を活かした老獪なプレイで相手を出し抜くことができる上に決定力の高い良い選手。控えのガッビアディーニやグミーナもなかなか良い選手。

ファビオ・クアリャレッラ

メンタルとシュートに関する能力が非常に優れているおじさん。37歳にもかかわらず、フィジカルの能力もまだまだギリギリ踏みとどまっている感じ。

マノロ・ガッビアディーニ

テクニックは優れているが、他は全体的に欠点が無くそこそこといった感じ。ウイングもできる通り、生粋のストライカーというよりは、アシストも出来る感じの選手。

アントニーノ・ラ・グミーナ

スペースに飛び込むや、オフサイドトラップを破るのを好むという特性がある通り、オフザボールが武器のタイプの選手。といっても他の能力も悪くは無くそこそこといった感じ。

戦術

キーパーはアウデロを起用。今作はそんなにキーパーに空中戦能力が要求されない気がするから、欠点はあんまり気にならない(気がする)。

センターバックは吉田とトネッリ。一般的な守備力を重視して、ビルドアップ能力も悪くはない二人を起用。

右のインバーテッド・ウイングはベレシンスキを起用。そこそこパスがさばける選手なので良さげだと思う。

左のサイドバックはアウジェッロを起用。ここも運動量が豊富で、攻撃参加がそこそこできる選手なので適任だと思う。

中盤の底のボールウィニング・ミッドフィルダーにはエクダルを起用。ここも積極的な守備が出来る選手なので良いかと。

メッツァーラーはトルスビーを起用。運動量が豊富なのは良いところだが、攻撃参加に関する能力がもう少しあると嬉しいか。

ロールプレイング・プレイメイカーはシウバ。何でもできる選手なので使ってはいるが、本来はもう少し視野があって試合が作れたり、ドリブルが高くて前に運べる選手だと嬉しい。

右はラミレス。外側からドリブルやアシストが出来るので適任なはず。

左はバルデ。サイドからスピードを生かして得点を狙ってほしい。

フォワードはクアリャレッラ。経験豊富でディフェンダーとの駆け引きを熟知しているので、相手を出し抜いて得点を決めてほしい。

中堅クラブでメンタリティをポジティブに設定したままにするのは少し冒険か。

結果

リーグ戦は5位でフィニッシュをして、来季はヨーロッパリーグに参加を出来る。カップ戦はローテーションをしたのと、早い段階でウディネーゼと当たってしまったこともあっては遺体をしてしまった。リーグ戦の目標が中位なので割と良い成績が納められたのではないか。

リーグ戦は得点も失点も順位相応な感じ。敗戦が気持ち多めなのは、戦術が少し攻撃的だったせいか。

アシストは、左サイドバック、ミッドフィルダー、ウイングと期待した位置からできている印象。

得点はクアリャレッラがとても頑張ってくれたのと、左のインサイドフォワードのバルデと、メッツァーラーのトルスビーも期待に応えてくれた感じ。今作のフォワードはフィジカルが低くてもメンタルが高ければ何とかなるところがあるので、おじさんでも頑張ってくれる気がする。

課題

戦術としては、少し攻撃的な感じがするかもしれないが、そこまで気にするレベルではない気もする。

サンプドリアとしては全体的に欠点が無く使いやすい選手がそろっているのだが、試合が作れるタイプのミッドフィルダーがいると、より上を狙えるような気がする。

以上、他のクラブのプレイガイドもこちらでまとめてあるので、よろしければご覧ください。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ