フラムFC(Football Manager 2021プレイガイド)

2021年1月12日火曜日

Football Manager Football Manager 2021 Football Manager 2021プレイガイド Football Manager 2021戦術

t f B! P L

今回のプレイガイドはプレミアリーグのフラム。今年2部から昇格をしてきたクラブ。所属をしている選手的にレアル・マドリードで使った戦術をが使えそうなので試してみたいと思う。

ゲームのバージョンは21.1.3で、データベースは21.1.1です。

他のクラブのプレイガイドもこちらでまとめてあるので、よろしければご覧ください。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。


戦力確認

ゴールキーパー

優秀なキーパーが3人もそろっているが、アレオラが一番優秀な感じ。3人も優秀なキーパーはいらないので1人を売却か。

アルフォンス・アレオラ

パリ・サンジェルマンやレアル・マドリードなど華麗な経歴を持っている選手。フランス代表としても3試合の出場がある。シュートストップが得意な優秀なキーパー。

ファブリシオ

同じくシュートストップに優れたキーパーだが、キーパーの能力としてはアレオラのほうが上か。ビルドアップ能力はファブリシオのほうがあるが、アレオラもとても悪いわけではない。

マレク・ロダーク

キーパーの能力はアレオラと同じぐらいだが、ビルドアップ能力が皆無。

センターバック

優秀な選手が何人かいる。選手が多すぎるので整理が必要。

トシン・アダラビオヨ

身体能力とビルドアップ能力が優れているセンターバック。守備はそこそこという感じ。

ヨアキム・アンデルセン

欠点が無いセンターバック。守備もできて、ビルドアップ能力もある。

ティム・リーム

同じく欠点が無い感じの選手。守備はそこそこで、ビルドアップ能力は優れている。

マイケル・ヘクター

空中戦に強いセンターバック。ビルドアップ能力は微妙だったり、判断力と冷静さが低いのでプレイの安定性が無い。

テレンス・コンゴロ

守備は全体的にそこそこ良いが、足元は微妙。

マキシム・ル・マルシャン

守備がそこそこ良くて欠点が無い選手。センターバックとサイドバックが出来るのでバックアッパーとしてはありがたい。

デニス・オドイ

全体的にそこそこという感じの能力。ディフェンスは全部できるので控えに居るとありがたい。

右サイドバック

アイナは足が速いが欠点が多い選手。とりあえずテテのほうが来ようがしやすいが、センターバックのオドイも右サイドバックが出来たりする。

ケニー・テテ

タックルが得意で、欠点がないタイプの選手。守備はそこそこだが、攻撃は物足りない。

オラ・アイナ

とにかく足が速いサイドバックだが、それ以外は微妙。

左サイドバック

ロビンソンもブライアンも悪くないが、カバーしなくてはいけないエリアの広さを考えるとロビンソンのほうを起用したいところか。

アントニー・ロビンソン

足の速さと運動量が武器の選手。判断能力の低さが気になる。

ジョー・ブライアン

攻守ともに全体的にそこそこな選手。足の速さが少し物足りないか。

ミッドフィルダー

良い人材がそろっているがちょっと人数が多め。セリあたりが展開力があるのでモドリッチの代わり、運動量のあるアンギサ、リード、レミナあたりがバルベルデとカゼミーロの代わりで、アザールの代わりはロフタス=チークとなる感じか。

ルーベン・ロフタス=チーク

なんでも出来る総合力のある選手。テクニックも頭の良さも身体能力も兼ね備えている。

アンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ

運動量があって足が速い選手。そして守備がかなり優秀。

マリオ・レミナ

運動量と足の速さが売りの選手。あとは欠点が無くそこそこ良いといった感じ。

ハリソン・リード

運動量が売りの選手。あとは欠点が無くそこそこ良いといった感じ。

ジョシュア・オノマー

全体的に欠点が無くそこそこといった感じ。

ケヴィン・マクドナルド

マーキングの低さが気になるが、後は全体的にそこそこといった感じ。

ステファン・ヨハンセン

全体的にそこそこ優秀ではあるが、とびぬけた個性は無い感じ。足が遅いのが気になる。

トム・ケアニー

ドリブルが得意でアシストが出来るトップ下という感じ。判断力や予測力もそこそこ優れているところが良い。

ジャン・セリ

コートジボワールのシャビと言われていただけあってビルドアップの能力が優秀。マーキングが2ととても低く、守備は苦手な感じか。

フォワード

ミトロビッチがベンゼマの代わりで、カマラがヨヴィッチの代わりという感じか。ルックマンは欠点があり使いづらくて、デコルドバ=リードは力不足。

アレクサンダル・ミトロヴィッチ

ボールが収まるターゲットマンという感じ。ボールをもらった後もパス、視野、判断力がそこそこあるので、そこから展開もできる。

アデモラ・ルックマン

足が速いドリブラーという感じ。得点能力はそこそこあるが、それ以外は残念な感じで使いづらい。

アブバカル・カマラ

身体能力が優れている選手。他の能力はそこそこ。

ボビー・デコルドバ=リード

全体的にそこそこ。2部なら優秀なストライカーという感じ。

戦術

キーパーはアレオラが総合的に一番強く、期になる大きな欠点が無いので起用。

センターバックもアダラビオヨとアンデルセンが能力的に高くて気になるところが無いので起用。アダラビオヨとアンデルセンが右利きで、左利きのリームも悪い選手ではないので使っても良かったかもしれない。

右サイドバックはテテ。運動量と走力がもう少しだけ欲しいが、アイナが欠点があり使いづらい感じ。

左サイドバックはロビンソン。判断力が少し低いのが気になるが、ブライアンは足があまり早くないため使いづらい。

中盤の真ん中はセリ。両脇にリードとアンギサ。レミナを使ってもよいのだが、チームワークがもう少し欲しい。

トップ下にはロフタス=チークを起用。ケアニーもそこそこ強いので良いバックアッパーになる。

フォワードはミトロビッチとカマラの組み合わせ。ボールのおさまりが良いミトロビッチが低めの位置で、足の速いカマラが前に出る。

結果

リーグ戦は5位。カップ戦はローテに失敗をして早期敗退という感じ。残留をすれば合格のクラブで5位はかなり頑張ったのではないか。バルセロナのような必要な選手のレベルが高い戦術と比べて、そこそこでよくいるタイプの選手で良い成績が収められる感じがする。

得点も失点も順位に対して妥当な感じ。

ポーチャーのカマラではなくミトロビッチが最多得点となった。

ロフタス=チークがアザールより活躍をしている。ロフタス=チークがアザールより優れているのはチームワークや運動量あたりだと思うのだが、そのへんが割と大事なのか。

セリが思ったより活躍をしなかったが、フラムはリーグで下位のクラブのため、レアル・マドリードの時のように試合が支配できる状況とは異なっており、カウンターのような展開で得点することが多かったからか。サイドバックもレアル・マドリードと異なりアシストが少なくなっている。

課題

期限付き移籍の選手が多いので、来季はそこの穴埋めが必要。

レミナは20試合使うと強制買取になるので気をつけよう。

中盤やセンターバックの選手が多いので整理が必要。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ