戦術を最大限に生かすための相手選手への対応指示(翻訳記事)

2022年4月26日火曜日

Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 シリーズ共通解説 翻訳記事

t f B! P L

今回は英語の記事翻訳で、テーマは相手選手への対応指示の設定方法についてです。

元ネタはこちらです:Using Opposition Instructions for marginal gains

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

いつも同じトリッキーなウイングがサイドバックを翻弄してしまうことはありませんか?特定のプレーメーカーが、美しいスルーパスで何度もディフェンスを切り裂いていませんか?いつもマーカーをかわして、ファーポストで悔しい同点ゴールを決めてくれるストライカーはどうですか?

確かに、選手の役割や指示を調整して、攻撃的でないようにすることはできます。厄介なフォワードが背後から侵入するのを防ぐために、ディフェンスラインを下げることもできます。さらには、形を完全に変えて5バックにして守備を強化することもできます。

しかし、これらの問題を最小限に抑えるために、もっと良いな方法があるとしたらどうでしょう?そんなときに便利なのが「相手選手への対応指示」です。FM Stagでは、「相手選手への対応指示」がどのようにして結果を出すための決定的なメリットを得ることができるのかを説明しています。

相手選手への対応指示とは?

戦術の画面で「相手選手への対応指示」をクリックすると、特定の相手選手を様々な方法でターゲットにすることができます。すなわち、「タイトマーク」、「プレスの激しさ」、「タックル」、「使わせる足」です。

これは、試合中に相手チームの特定の選手を他の選手とは異なる扱いをするよう、自チームに与えられた具体的な指示です。

それぞれの設定の意味

タイトマーク

タイトマークは、特定の相手選手を非常に密接にマークするように指示します。相手の危険な選手は、自チームのディフェンダーや守備的ミッドフィールダーが背後にくっついていると、ボールをうまく受け取ることができなくなる、という考え方です。

しかし、それほど単純な話ではありません。背が低くてフィジカルの弱いストライカーにタイトに対応するのは理にかなっていると思います。空中戦のほとんどをディフェンダーが制し、間違いなく定期的に相手を打ち負かすことができるでしょう。しかし、もし攻撃側の選手が、ファーストタッチ、バランス、加速力に優れた素晴らしいドリブラーだったらどうでしょう?ハイライトが始まって一番見たくないのは、トリッキーな攻撃的ミッドフィールダーが優雅なワンタッチでディフェンダーを回転させ、足の速さをいかしてディフェンダーを塵に帰すところでしょう。Football Managerの他の要素と同様に、この指示を適切な状況で使用することで、最大限の効果を得ることができます。 

プレスの激しさ

プレスの激しさは、あなたの選手がどれだけ積極的に相手プレーヤーにプレスをするかを定義します。全員を封じて、相手にボールを持つ時間を減らし、サッカーの試合に勝つ。簡単でしょう?必ずしもそうではありません。もしあなたの選手がタックルに優れており、優れたスピードとスタミナを持っているなら、確かに激しいプレスをかけてゲームをコントロールしようとするでしょう。しかし、対戦相手が、高い予測能力を持ち、ボールのないところでも素晴らしい動きをする、優れたプレイメイカーを持つチームだったらどうでしょう?私たちはそれを見たことがあります。ワールドクラスのサイドバックが全速力でウインガーに向かって突進し、ウインガーがボールを置いたところで、視野とテクニックを持ったミッドフィルダーが、サイドバックの突進によってできた背後のギャップに見事なスルーボールを入れるのです。

激しいプレッシングは、相手にプレッシャーをかけて、ボールを奪い返すまでのパスの回数を減らすための確実な方法ですか?そうです。執拗なプレッシングでチームの形を変え続けようとするあなたの姿勢を、より狡猾な相手が利用する可能性はありますか?はい。90分間の激しいプレッシングは、選手のスタミナを奪い、筋肉関連の怪我のリスクを高めますか?これも悲しいことに、そうです。

タックル

白熱したダービーの最初の数分間の激しいタックルほど、「これは簡単なゲームではない」と感じさせるものはありません。それを目の当たりにするのはとても美しいことです。サッカーはフィジカルなゲームであり、自分のチームの強さ、攻撃性、勇気を相手に押し付けることが、ピッチの中央での優位性を争う重要な戦いの違いになります。

とはいえ、1人か2人の退場者を出してしまっては、試合に勝つのは難しいですよね。選手を "動けなくする"タイミングと"ファウルにならないように安全に行く"タイミングを見極めることが、このような局面から最大限の成果を得るための鍵となります。

使わせる足

ほとんどのサッカー選手には利き足があります。ほとんどの選手はどちらでもパス、タックル、シュートをすることができますが、通常はどちらか一方の足の方が自然でうまくいきます。Football Managerでは、選手のプロフィールからこの情報を得ることができます。もし相手のプレイメーカーが「魔法の左足」を持っているなら、あなたの選手が彼に近づき、魔法の力が弱い右足を使わざるを得ないようにするのが理にかなっています。

しかし、すべての行動には副反応があることを理解することが重要です。右ウイングに左足を使わせた場合、強い足で正確なクロスを上げるための時間とスペースを確保することはできませんが、センターバックと1対1になり、より明確にゴールを狙える内側に押し込んでいることになります。

これらの設定で何ができるか

指示の実施方法には、大きく分けて3つの選択肢があります。

委託する

「スタッフの責務」を使って、スタッフに判断を仰ぐことができます。アシスタントマネージャーも給料をもらっていますよね?アシスタントマネージャーは、常にヒントや助言を与えてくれる存在であり、あなたに代わって相手選手への対応指示を設定し、微調整することができます。自分でやらなくてもいいというメリットはありますが、もしうまくいかなかった場合は、理事会での言い訳が必要になるでしょう。

固定

相手が誰であろうと、ポジションや役割に応じて指示を出すことができます。大量のクロスにディフェンダーが対応できないのであれば、サイドバックは相手が誰であろうと、常に相手のウイングを中に入れるように設定します。

相手のストライカーにスペースを与えるのが嫌なら、複数人をタイトにマークする。これらの判断は、戦術構築の一部となります。相手が誰であるかではなく、相手に自分の条件でゲームをさせることが重要なのです。

柔軟に対応する

私が気に入っている方法は、シーズン中のパフォーマンスや士気に基づいて、特定の相手選手をターゲットにすることです。「相手選手への対応指示」ページの右側の欄には、裏方のスタッフが対戦相手のパフォーマンスについての情報を提供してくれます。

相手のセンターバックの1人が士気が低いとか、シーズン平均評価点が6.4しかないとか、そういうこともあるでしょう。激しくプレッシャーをかければ、相手のミスを誘うことができるでしょう。「鎖は一番弱い部分で強さが決まる」ということを忘れないでください。

相手のトップストライカーは、空中戦は得意ではないかもしれませんが、フィニッシャーとしては優れています。このような場合、彼らをしっかりとマークして、多くのシュートを打たせないようにすることは理にかなっています。また、2トップでプレーしている場合は、ストライカーのパートナーが、ボールのないところでの動きや高い運動量でアシストを量産しているかもしれません。これに対抗するには、積極性、勇敢さ、運動量のが高いディフェンダーや守備的ミッドフィルダーを起用するとよいでしょう。

試合中、特定の相手選手が作ったキーパスやチャンスの数に注目してください。そうすることで、相手の脅威をどのようにターゲットにするかを適宜調整することができます。例えば、前半に相手のプレイメーカーが誰よりも多くのキーパスやクロスを成功させていたとします。彼らは明らかにスペースを取りすぎているので、それを変える時です。タイトにマークし、激しくプレスし、積極的にタックルすることで、彼らの脅威を無効にし、カウンターのチャンスを何度か作ることができるでしょう。 

まとめ

相手選手への対応指示は、違いを生み出すものです。厳密な科学である必要はありませんし、膨大な分析をする必要もありません。すべてのFMプレーヤーは、自チームの選手の長所と短所を見て、自分の戦術でどの役割を果たすかを決めています。それと同じように、相手の主要な脅威を評価することができます。

相手の指示を理解して利用することは、狡猾な相手に対抗するためのもう一つの武器であり、重要な武器でもあります。いつものように、適度に使うことで最高の結果が得られます。

良い監督ライフを

FM Stag

元イングランド代表でリヴァプールでプレイをしていたジェイミー・キャラガーが解説者をつとめる番組に、ゲストでルカクが来たときなのだが、キャラガーがルカクとマッチアップをしたとしたらどう対応をするかという話になって、そのキャラガーの回答が「まずは近づきすぎない」というものだった気がする。その理由がこの記事のタイトマークのところの話と似ていて、背の高さとフィジカルの強さで、体をくっつけてしまった場合、逆にディフェンス側がコントロールをされてしまって不利になるといった話だった気がする。実際にFM上のルカクもタイトに行くと悲しい目にあうのだが、だからといって距離を空けてしまっても普通にシュートを打たれてしまうから難しいところだ。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ