Football Manager 2022のワンダーキット8選

2021年11月26日金曜日

Football Manager Football Manager 2022

t f B! P L

今回はFootball Manager 2022で20歳以下で潜在評価が高く評価されている8人を紹介します。どの選手も順当に成長をすればサッカー界を代表する選手になるポテンシャルを秘めています。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

エドゥアルド・カマヴィンガ

今季レアル・マドリードに加入をした18歳のフランス人ミッドフィルダー。16歳からフランスのリーグ1に出場をしていて、その頃から非常に期待をされており、今回のFM22でも20歳以下の中では一番優秀に育つ可能性があるミッドフィルダーとなっている。

ユスファ・ムココ

13歳でU17のカテゴリでプレイをしていたりと昔から話題になっていた選手だが、順当に成長をして昨シーズンに16歳28日の史上最年少でブンデスリーガでデビューを果たした。すでにドリブル、シュートの上手さ、機動力はブンデスリーガの中でも優秀なレベル。

イライクス・モリバ

カマヴィンガと同じくFM22で一番ポテンシャルを秘めているミッドフィルダーだが、バルセロナが財政難だったり、契約更新で揉めたりして、放出をされることになり、RBライプツィヒへ移籍をした。

ジュード・ベリンガム

16歳で当時所属をしていたバーミンガムでイングランド2部デビューを果たしてそのシーズンは41試合もの出場をした、その後に移籍金30億円ほどでドルトムントに引き抜かれた。昨シーズンは17歳という若さでブンデスリーガで29試合もの出場をした。

アンス・ファティ

2シーズン前にバルセロナで2番目若い16歳298日でトップチームデビューをしたファティ。すでにスペイン代表でも出場をしていて、ドリブルも、シュートも、パスも上手くて足の速い優秀なアタッカー。

ジャマル・ムシアラ

18歳と若い選手ではあるが、家族の引っ越しなどもあって、イギリスにいた時期もあり、その頃にはサウサンプトンのアカデミーやチェルシーのユースに所属をしていて、ドイツ、イングランド、そして父親が出身のナイジェリアと3つの国籍を持っている。昨シーズンはリーグ戦に26試合に出場をして6点をあげており、この才能をキープするためかすでにドイツ代表に選出をされており、試合にも出場をしている。

ユスフ・デミア

所属はオーストリアのSKラピード・ウィーンだがバルセロナにレンタルとなっている。17歳でオーストリアのトップディビジョンでデビューをした逸材で、バルセロナ荷加入した後はBチームでのプレイの予定だったが、クーマン監督の目にとまり、トップチームに所属している。

カリム・アデイェミ

ドイツのミュンヘン生まれだが、父親はナイジェリア人で、母親はルーマニア人とかなり国際的な背景を持っている選手。昨シーズンはリーグ戦29試合で7得点、今シーズンは既に2桁得点をあげるハイペースっぷりで、ドイツ代表デビューも果たしている。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ