FM22で反映されている10個の新しい話題の移籍

2021年10月24日日曜日

Football Manager Football Manager 2022

t f B! P L

FMの公式サイトの記事で、FM22で反映された今季注目の移籍を紹介していたので翻訳をいたしました。

元ネタはこちらです:10 Transfers We’re Excited About in FM22 | Football Manager 2022

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

FM22の発売はまだ数週間先ですが(※訳者注:翻訳元が2021/10/15に投稿された記事)、皆さんはすでに最初のプレイを計画していることでしょう。選手の起用や契約を楽しみにしている方もいらっしゃるでしょうし、戦術についてもある程度考えていることでしょう。

私たちチームは、夏の移籍市場の動向に目を配り、大々的に報じられる移籍や、注目を集めていない移籍であっても、最終的には大活躍となる可能性があるものを評価するのが好きです。ここでは、最近の移籍の中からお気に入りの10人を紹介します。あなたは、この中からどの選手をFM22で監督するのが最も楽しみですか?

イライクス・モリバ(RBライプツィヒ)

リオネル・メッシと一緒にスペイン第2の都市から出てきたのは、大人気の中盤のワンダーキッド、イライクス・モリバでした。このギニア生まれのティーンエイジャーは、FMファンの間では以前から注目されていた選手で、昨シーズン、プロの世界に飛び込む姿を見ることができたのは喜ばしいことだった。

パワフルでダイナミックな選手でありながら、いまだに成長し続けている彼は、バルセロナの明るい光の下ではなく、ブンデスリーガのRBライプツィヒに移籍してきた。この夏、RBライプツィヒが獲得したのはモリバだけではなく、ブライアン・ブロビーとアンドレ・シルバも攻撃陣の強化のために加入した。

ラファエル・サントス・ボレ(アイントラハト・フランクフルト)

前述のシルバは、昨シーズン、ブンデスリーガで28得点を記録し、フランクフルトが欧州での戦いに復帰しました。そのシルバに代わる選手として、コロンビア人のラファエル・サントス・ボレを起用したことは、非常に良い結果につながったと思います。

優れたフットワークと天性のフィニッシュ能力に恵まれたサントス・ボレは、ブンデスリーガで光を放ち、南米で見せたタイトル獲得のための多才なプレイを再現するためのスキルをすべて備えている。そして、彼が過去のFootball Managerで多くの人に記録したゴールの偉業。

ドニエル・マレン(ボルシア・ドルトムント)

昨シーズン3位のボルシア・ドルトムントには新監督が就任し、シーズン開幕から数週間が経過すれば、ヨーロッパで最も見応えのあるチームのひとつになることが約束されている。

今回、最も注目すべき新戦力は、オランダ人フォワードのドニエル・マレンです。マレンはワイドでも中盤でもプレーでき、そのスピードとダイレクトな動きは見る者を魅了します。

彼とアーリング・ハーランドがFM22で活躍できるように作戦を練っています...。

ケルヴィン・ステングス(OGCニース)とマイロン・ボアドゥ(ASモナコ)

ここでは少しズルをして2人の選手を紹介しましたが、彼らの物語はかなり似ています。私たちの意見では、それが重要であり、それ以外の議論は聞きません。また、1人分の料金で2人分の選手を手に入れることができるのですから、これ以上のメリットはありません。

マレンのオランダ代表の同僚の、ケルヴィン・ステングスとマイロン・ボアドゥは、昨年のAZアルクマールで重要な役割を果たしていたが、リーグ1で温暖な地域への移籍が決まった。ステングスはストライカーのすぐ後ろでプレーするのが得意で、ボアドゥは積極的に攻撃を仕掛けるタイプです。

ASモナコとOGCニースは、今シーズン、PSGのスーパースター集団に対抗するのに最も適した3チームのうちの2つである。

ルーカス・ポドルスキ(グールニク・ザブジェ)

感傷的と言われようが、私たちは故郷に戻るストーリーの虜なのだ。

ドイツ人ストライカーのルーカス・ポドルスキは、自分のルーツであるポーランドに思い入れがあり、10年近く前には、ブーツを脱ぐ前に少年時代のクラブであるグールニク・ザブジェでプレイしたいと考えていた。トルコでのプレーを経て、現在はその夢を叶え、ポーランドのリーグに移籍している。

36歳の彼は、かつてのような速さはないかもしれないが、才能、豊富な国際経験、そして絶対的な左足を持っている。14回のリーグ優勝を誇り、この新戦力が金字塔を打ち立て、順位を上げることを願っているだろう。正直なところ、私たちは彼がそうなれば素晴らしいことだと思う。

サイド・ベラヒーノ(シェフィールド・ウェンズデイ)

故郷に戻るストーリーは、私たちを心豊かにしてくれるものの中で、偉大な贖罪の物語に次ぐものです。

ブルンジ出身のベラヒノが2010年にウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンで大ブレイクしたとき、サッカー界の多くの識者は彼に明るい未来があると期待した。しかし、実際にはそのようにはならず、この2年間はベルギーでプレーしている。

現在28歳のベラヒノは、その能力のピークを迎えているはずで、シェフィールド・ウェンズデイで英国のファンに自分の実力を証明するチャンスを得た。シェフィールド・ウェンズデイは、昨シーズン、減点対象となったこともあり、スカイベット・リーグ1に降格してしまった。しかし、ダレン・ムーア監督の下では、2部リーグへの復帰に向けて十分な準備が整っているようだ。ムーア監督は、11年前にベラヒノが脚光を浴びるきっかけを作った一人だが、このストライカーから最高のパフォーマンスを引き出す鍵になるかもしれない。

オリヴィエ・エンチャム(スウォンジー・シティ)

この25歳の選手は、セルティックでの最初の3シーズンで中心的な役割を果たしましたが、最後のシーズンでは一連の問題が発生し、彼の勢いをそぎ、移籍市場が開いたときにはフリーの状態になっていました。

昨シーズン、スカイベット・チャンピオンシップのプレイオフ・ファイナリストだったスワンズが彼を獲得し、わずか3回目の出場で得点を挙げるなど、すぐに馴染んだ。スコットランドで活躍していたときに多くのファンを惹きつけたようなフォームを、エンチャムに期待したい。

タミー・アブラハム(ASローマ)

イングランドでデビューしたストライカーのタミー・エイブラハムが初めて故郷を出ました。

190cmの大柄なフォワードは、キャリアの浅いうちから様々な場面でラインをリードする能力を発揮してきたが、ロンドンでのプレイ時間が制限されていたため、自分に賭けて海外でチャンスをつかみ、今夏最も興味深い取引のひとつとしてASローマに移籍した。

ジャッロロッシ(※訳者注:イタリア語で黄と赤。ASローマの愛称)は、今シーズンのイタリアで最も興味深いチームの一つです。夏の間に最も多くの投資を行ったイタリアのクラブの一つであり、アズーリで成功した夏のスター選手の多くを含むチームを作ることができた。

ローマの最初の数試合で、アブラハムはこれまでとは異なる役割を求められている。ローマはアブラハムに、より深い位置でプレーをつなぐのではなく、最後のディフェンダーの肩にぶら下がってチャンネルを走ることを求めている。しかし、彼はその役割をよく理解しており、シーズン終了時にはゴールとアシストを量産して、彼の賭けが報われることを期待している。

デンゼル・ダンフリース(インテル・ミラノ)

かつてPSVアイントホーフェンに所属していた25歳の選手は、夏の大陸でピッチの端でその実力を発揮し、当然のことながら、代表チームでの活動が終了すると、多くの求婚者が現れた。

彼はイタリアの王者を選びました。サンシーロでのオフシーズンは忙しかったので、すでに先発メンバーとして定着しています。これからどんな活躍を見せてくれるのか、楽しみである。

私たちと同じように、あなたがたもこの移籍に期待していただきたいと思います。FM22では、どこで監督としての道を歩み始めるのでしょうか?SNSで教えてください。

FM22の発売を前にして、ニューカッスルが大金持ちに買収をされたので、そこに注目が集まって、選手の移籍については少し霞んでしまいましたね。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ