シャルケに所属をしていた選手としている選手(Football Manager 2021)

2021年5月22日土曜日

Football Manager Football Manager 2021 所属をしていた選手

t f B! P L

今回は古豪のシャルケに所属をしていた選手を紹介します。以前はチャンピオンズリーグに出ることもあった強豪で、優秀な選手を多く排出しています。

しかしながら、今シーズンは調子を大きく崩し、ブンデスリーガで最下位に落ち込んでいます。

マヌエル・ノイアー

現代の新しいキーパー像を作り出した選手。それまではゴール前に張り付いて守り、来たボールは弾き返すことがキーパーの役目だったが、ノイアーは果敢に飛び出してボールを回収し、ディフェンダーに混ざりビルドアップに参加をした。その特徴が能力にも現れており、飛び出しが20だったり、パスが15と高評価だ。そんな、新しいプレイスタイルでシャルケで活躍をしていたノイアーを、同じドイツの名門のバイエルンは見逃さず、2011年に引き抜かれてしまった。

アレクサンダー・ニューベル

2019-20シーズシャルケのスタメンとして定着をした若手のゴールキーパーだが、ノイアーと同じくバイエルンに引き抜かれてしまった。こうして現在のバイエルンの第1,2キーパーはシャルケの出身となっている。

ジョエル・マティプ

内田篤人と同じ頃にシャルケのディフェンスラインで活躍していたマティプだが、2016年にクロップ監督の率いるリヴァプールに引き抜かれた。クロップはマティプをドルトムントの監督をしていたときから評価をしていて、獲得を狙っていたらしい。

オザン・カバク

2020-21シーズンに怪我人が多発したリヴァプールが急遽レンタルでシャルケから獲得をしたセンターバック。しかしながらシャルケも降格の危機にひんしており、主力をレンタルしている場合ではない気もするのだが。買取条項もあるらしいが、ファン・ダイクなど同じポジションの怪我人が復帰をしたら、彼の処遇はどうなるのだろう。

ラフィーニャ

バイエルンで長く活躍をしていたラフィーニャだが、欧州デビューはシャルケで果たしている。バイエルンへ引き抜かれたシャルケの選手は沢山いるが、彼の場合はジェノアを挟んでバイエルンへ加入をしている。

セアド・コラシナツ

10代の頃からシャルケでプレイをしていたが、2017年にアーセナルへ移籍をした。しかしながら、2020-21シーズンの冬に降格の危機にひんしているシャルケにレンタルで戻ってきている。

レオン・ゴレツカ

バイエルンやドイツ代表で活躍をしているゴレツカだが、バイエルンの前にはシャルケでプレイをしていた。とても良い選手なので、それなりの移籍金かと思うかもしれないが、なんと契約切れでの移籍で、移籍金は発生していない。

イヴァン・ラキティッチ

セビージャやバルセロナなど、スペインでの活躍のイメージがあるラキティッチだが、その前にはシャルケでプレイをしていた。シャルケに加入をしたときの移籍金は500万ユーロだったが、セビージャへ放出をしたときの移籍金はなんと半額の250万ユーロだった。

ウェストン・マケニー

アメリカのテキサス生まれの選手。ユベントスへレンタル移籍中だが買取条項を行使したようで、来季からは正式にユベントスの選手になるようだ。

マクシミリアン・マイヤー

ゴレツカ、ドラクスラー、サネと同じくらいの年代で、同じくらい将来が期待されていた選手だったが、彼は少し伸び悩んだようだ。シャルケのあとに所属をしていたイングランドのクリスタル・パレスでは年俸が約10億円ほどだったが、現在は1860万円のようで、税金を払うのが大変そうである。

ユリアン・ドラクスラー

シャルケのユース出身の選手だが2015年にヴォルフスブルクへ移籍をし、現在はパリ・サンジェルマンでプレイをしている。ヴォルフスブルクに移籍をしたときは、マンチェスター・シティに引き抜かれたデ・ブライネの後釜でシャルケにしては珍しく4300万ユーロという大金で移籍をした。

レロイ・サネ

マンチェスター・シティ、バイエルンと強豪クラブを渡り歩いているサネだが、その前にはシャルケでプレイをしていた。

メスト・エジル

レアル・マドリードでの活躍や、アーセナル後期のクラブとの対立など、浮き沈みの激しいキャリアのエジルだが、ドイツ時代はブレーメンのイメージが強いかもしれないが、その前にはシャルケでプレイをしていた。シャルケからブレーメンへの移籍金はたったの500万ユーロだったらしい。

クラース=ヤン・フンテラール

7年間と長い間シャルケでプレイをしていた選手だったが、2017年に母国の若手主体のアヤックスに経験豊富なベテランとして移籍をした。しかし、2020-21シーズンに降格の危機にひんしているシャルケへ戻ってきている。

今回紹介をした選手でイレブンを組むと以下の通りか。フンテラール、エジル、ラフィーニャラキティッチ、ノイアーと年齢に高さは気になるが、ブンデスリーガで降格をするほどではない感じか。

Twitter(@kerlon_fm)もやっているので、よろしければフォローをよろしくお願いいたします。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ