Football Managerのリサーチャーにインタビュー スイス編(翻訳記事)

2020年11月9日月曜日

FMリサーチャーにインタビュー Football Manager シリーズ関係なく楽しめる記事 翻訳記事

t f B! P L

スイスのヘッドリサーチャーOliver Zesigerへのインタビューです。現リヴァプールのシャキリや現アーセナルのジャカを最初に見たときの感想などを語っています。

 Football Managerの選手能力、クラブデータ、スタジアム情報がどこから来ているのか不思議に思ったことはありませんか?私たちは世界中の1,000人以上のリサーチャーに助けられていますが、昔はそうではありませんでした。リサーチチームは1990年代半ばに非常に小さな規模でスタートしましたが、それ以来、爆発的に拡大してきました。

リサーチャー達は、私たちと同じようにFMシリーズのファンであり、多くのリサーチャーがその役割を引き受けたのは、彼らの国のクラブやリーグ、代表チームのセットアップに情熱を持っていたからであり、彼らがゲームデータを正確に表現したかったからです。

実際に、Football Managerのリサーチャーとして働いていた人の多くは、その知識やこだわりからサッカー界の仕事に転職しているので、憧れの仕事への道筋になることもあります。

Oliver Zesigerはスイスのヘッドリサーチャーで、10年以上FMに携わっています。

FMのために仕事を初めてどれくらいになります?FMを始めたのはいつですか?

私がFMで働き始めたのは2009年5月です。その頃にはすでに10年以上ゲームをプレイしていました。私の記憶が正しければ、私が最初に手に入れたのは1997/1998年でしたが、本格的にゲームにのめり込んだのは2001/02年のバージョンになってからです。

リサーチャーを始めたきっかけは?

Meistertrainerforum.deというドイツのFMに関するフォーラムがあるので見ていました。2009年当時、私はよくFCバーゼルを追いかけていたので、いくつかの訂正を投稿しました。ヴァレンティン・シュトッカーの勝利意欲が7なのは低すぎるといつも思っていたのですが、その点を指摘したのを覚えています。その頃、多くの人がチームを離れていったので、まだ共同ヘッドリサーチャーだったジーノに誘われたんです。最初はバーゼルからスタートして、その後はゆっくりとスーパーリーグを引き継いでいきました。今では、専任のアシスタントがチームになっているので、ジーノと私の生活が楽になっています。

選手の能力を適切に評価をするためにどれくらいの試合を見る必要がありますか?

能力にもよります。通常は1人の選手につき3~5試合程度。テクニックとフィジカルは評価に時間がかかりません。メンタルは少し難しいです。彼はどのようにゲームを読んでいるのか?ボールを持っていない時の動きはどうか?彼はどのように一貫性があるか?これらは、3試合以上の試合が必要とされる分野です。

潜在能力の評価はどれくらい難しいですか?

スイスのような国では、本当に才能のある若手が幼い頃から最高レベルの教育を受けることができるので、楽だと思います。これらは、例えばイングランドやフランス、スペインよりも際立っている。幸いなことに、FMでは、若い選手の潜在能力がいわゆる「マイナスの潜在能力」というものがあって範囲で潜在能力を提示してくれる。17歳の選手が24歳でスーパースターになると言い切る必要はないので、これは非常に重要です。その代わりに、彼はキャリアの中で世界の勝者になる可能性があると言うことができます。怪我や精神的な強さ、あるいは単に運など、若くして彼がなりうると思われていた偉大な選手になることを妨げる要因が多すぎます。

リサーチチームとしての立場が、あなたのFMのプレイに影響をしていますか?

間違いやバグ、エラーなどがどうしても気になってしまいます。リーグや移籍などのルールが正しく設定されているかどうか、すべてが機能するかどうかをチェックしなければなりません。そして、それらがゲームの文脈の中でという意味でも機能するかどうかです。

楽しく遊ぶためのプレイは例外的なものになっていて、冬のアップデートのリリース後に行われることがほとんどです。アップデートは、FMシリーズのある作品のリサーチのゴールのようなものです。その後も細かいことはありますが、一般的にはただ楽しむためにプレイしています。

だからと言って、残りのシーズンの選手のリサーチをしていないわけではありません。ただ、データを更新して公開するのは今回が最後だというだけです。

注目をしていた選手の中で活躍をした選手はいますか?

私は2009年の夏、プレシーズンのトーナメントでジョルダン・シャキリを発見しました。彼はわずか45分しかプレーしていなかったが、能力と熱意を持っていることは明らかでした。彼は何をするにも簡単そうに見えました。それはポテンシャルを示す良いポイントです。グラニト・ジャカもそうでした。彼は17歳にして、ボールを持った際にはとても落ち着いていて、良いプレイを選んでいました。彼は、当時のトップチームの選手たちよりも成熟していました。

長い年月の間に、活躍をした選手がたくさん出てきました。その中で私が見逃していたのは、今のアタランタの中心的スターであるレモ・フロイラーですね。彼が今のような選手になるとは思っていませんでした。彼にとっては良いことです。そして、アタランタのスカウティングがいかに優れているかを物語っています。

スイスのリサーチで特有な課題があったりしますか?

スイスでは、お金の話をすることはほとんどありません。なので金銭面、特にクラブの財務について調べるのが難しかったです。しかし、この10年で、時々ヒントのようなものを得ることができたので、財政状況についてはよく分かってきました。

もう一つの課題は、U18のエリートリーグを実装することでした。これは少し特殊なもので、それを実現するためには2シーズン分のFMが必要でした。例えば、シャフハウゼンとヴィンタートゥールのようにユースチームを共有するチームがありますが、これは残念ながらまだ正確に再現することができません。先ほども言ったように、現実にあるものを完全にFMに移すことはできませんが、できる限り正確に再現しようとしています。

元々バーゼルのファンで、その選手の能力に文句をつけたところからこの世界に入ったようで、印象に残った選手はバーゼルのユース出身シャキリとジャカで、バーゼル出身ではないフロイラーは見逃していたとか言っているのだが、リサーチャー的に公平さに問題がありそうな気もしますが、ご愛嬌といったところでしょうか。

スイスではお金の話はしないという話も出てきましたが、機密性の高さで有名なスイス銀行もあったりして、やはりそういうお国柄なんだという感じでした。

最初のリリースでは細かいバグを多く含んでいますが、開発チームは最終アップデートまで忙しく働いていることがインタビューから垣間見えました。

あと話題に上がっていたスイスのU18のリーグの大会規定が複雑すぎて笑う。


元ネタ:THE RESEARCHER INTERVIEWS | SWITZERLAND

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ