Football Manager 2011の期待の若手だった選手の現在(翻訳記事)

2020年11月15日日曜日

Football Manager 翻訳記事

t f B! P L

サッカーに限らずどの世界でも言えることかもしれませんが、若い選手の中に将来のスーパースターを見ることがありますが、世の中には人の成功を邪魔するものであふれていて、そういった期待されていた若手が必ずしも花開くことはありません。

先日Football Manager 2021がリリースされましたが、10年前に発売されたFootball Managerで将来を期待されていた選手と現在を確認している記事があったので和訳をしてみました。


Football Manager(以前はChampionship Manager)シリーズは、将来のスター選手を予測していますが、当たったり外れたりしています。

ゲームの制作者たちはこれまでにも何度か予測に成功したことがありました。カルロス・テベス、セルヒオ・アグエロ、セスク・ファブレガスのような選手は、大人気のゲームシリーズのおかげで、多くのサッカーファンの注目を浴びるようになりました。

しかし、人々が最も話題にしたがるのは、彼らが間違っていたときです。フレディ・アドゥ、チェルノ・サンバ、ケルロンは、現実では誇大な評判の通りに生きられなかった多くのワンダーキッド(※期待の若手)の中の3人に過ぎません。

そんな中で、10年前の2010年10月に公開された『Football Manager 2011』に登場した33人のワンダーキッドのリストをReddit上で投稿をしている人がいました。

しかし、それらの選手たちは皆、この可能性を十分に発揮できたのでしょうか?

ゴールキーパー

アルフォンス・アレオラ(17歳)

2013年にパリ・サンジェルマンに加入したアルフォンス・アレオラは、フランス代表に3度選出されたが、過去7年間のほとんどをローンで過ごしていました。現在27歳のアレオラはフルハムに所属していました。

ダビド・デ・ヘア(19歳)

彼の世代で最高のゴールキーパーの一人であるダビデ・デ・ヘアは、マンチェスター・ユナイテッドで彼のポテンシャルを満たしていると言ってもいいでしょう。とはいえ、30歳の彼のパフォーマンスは、ここ18~24ヶ月間で大きく落ち込んでいます。


ディフェンダー

フィル・ジョーンズ(18歳)

「ジョーンズは、おそらく本人もそう思っているが、我々の史上最高の選手になるかもしれない。どこでプレーするにしても、ジョーンズはこれまでの最高の選手の一人になるかもしれない」

2013年のアレックス・ファーガソンの有名なコメントを持ち出さずして、フィル・ジョーンズを言及することはできません。

ファーギーはジョーンズをFootball Manager以上に高く評価していました。

セバスティアン・コアテス(19歳)

2011年にリバプールと契約し、高い評価を得たディフェンダーのセバスティアン・コアテスは、アンフィールドで奮闘した後、4年後にサンダーランドに完全移籍をしました。このウルグアイ人は2017年からスポルティング・リスボンに在籍しています。

マテオ・ムサッキオ(19歳)

アルゼンチン代表で6度のキャップを獲得したマテオ・ムサッキオは、ビジャレアルでの8年間の在籍に終止符を打った後、2017年にACミランに加入しています。

ママドゥ・サコー(20歳)

このフランス人センターバックは2013年にPSGからリバプールに移籍した後、4年後にクリスタル・パレスに移籍しました。30歳の現在もセルハーストパークにいます。


セルゲイ・クリフツォフ(19歳)

欧州サッカー界ではあまり知られていませんが、セルゲイ・クリフツォフはシャフタール・ドネツクやウクライナ代表で堅実なキャリアを積んでいます。

ダニー・ウィルソン(18歳)

2010年にレンジャーズからリバプールへ移籍をしたダニー・ウィルソン。アンフィールドで活躍をすることはできず、現在はMLSのコロラド・ラピッズでプレーをしています。

セサル・アスピリクエタ(20歳)

セサル・アスピリクエタは2012年にマルセイユからブルースに加入して以来、チェルシーのキーマンの一人として活躍しています。これはFMが良い予言をした例でしょう。

ダビデ・サントン(19歳)

イタリア人左サイドバックはニューカッスル・ユナイテッドで大きなインパクトを与えることができませんでしたが、それでも2015年にはインテル・ミラノへの移籍をしました。その後、2018年にASローマへ移籍しました。

ミッドフィルダー

アーロン・ラムジー(19歳)

アーロン・ラムジーはアーセナルで369試合に出場し、64ゴールを記録した後、2019年夏にユベントスへの驚きの移籍をしています。

フィリペ・コウチーニョ(18歳)

インテルでは印象を残せませんでしたが、リバプールでは世界的なプレイメーカーとしての地位を固め、2018年1月にバルセロナへ1億4,200万ポンド(約200億円)で移籍をしました。昨シーズンはバイエルン・ミュンヘンに在籍して、チャンピオンズリーグを制覇しました。


ムサ・シソコ(20歳)

FM2011がリリースされたときにはトゥールーズ所属で、2013年にニューカッスル・ユナイテッドに移籍した後に、2016年にトッテナムへの移籍を決めました。フランス代表では63回のキャップを獲得しています。

クリスティアン・エリクセン(18歳)

2013年にアヤックスからトッテナムに移籍し、プレミアリーグ屈指のプレイメーカーとなりました。その後、2020年1月に新たな挑戦を希望し、インテル・ミラノへと移籍したが、移籍先ではうまくいっていないようです。

ガレス・ベイル(20歳)

2010年にはすでに、ガレス・ベイルが特別な才能を持っていることは明らかでした。レアル・マドリードのチャンピオンズリーグ優勝に貢献したウェールズ人のベイルは、ジダンとの間でトラブルに見舞われ、現在はトッテナムにローンで戻ってきています。


ミラレム・ピャニッチ(20歳)

華麗なセントラルMFは、2011年にASローマに加入した後、2016年にユベントスに移籍しました。ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の同選手は、2020-21シーズンに向けてカンプノウへの移籍を完了し、現在はバルセロナに籍を置いています。

セルヒオ・カナレス(19歳)

セルヒオ・カナレスはレアル・マドリーのトップチームに入ってきた時は、本物のように見えましたが、この攻撃的MFはその評価の通りにはいきませんでした。現在29歳のこのスペイン人選手は、ここ数年、レアル・ベティスに所属しています。

ドウグラス・コスタ(19歳)

この5年間、バイエルン・ミュンヘンとユベントスの間を行き来したドグラス・コスタですが、止められないほどの存在感を放っています。

ハメス・ロドリゲス(18歳)

2014年のワールドカップで活躍した一人、ジェームズ・ロドリゲスは同大会後にレアル・マドリードに移籍し、ロスブランコで125試合に出場して37ゴールを記録しました。コロンビア人は現在、エバートンのアンチェロッティ監督の下で活躍しています。

ジャック・ウィルシャー(18歳)

ジャック・ウィルシャーの話は悲しいものです。一連の負傷がなければ、良い選手になることができたでしょう。


エデン・アザール(19歳)

エデン・アザールは2012年にチェルシーに移籍し、レアル・マドリードへの夢の移籍を封印した7年間、クラブの伝説となりました。

ステヴァン・ヨヴェティッチ(20歳)

フィオレンティーナで活躍した後、マンチェスター・シティは2013年にモンテネグロのフォワードと契約をしました。しかし、エティハド・スタジアムでの試合出場に苦しんだ後、2016年にインテル・ミラノに移籍することになりました。

ヨヴェティッチは現在ASモナコの10番で、47試合に出場して13ゴールを記録しています。

トニ・クロース(20歳)

トニ・クロースは、レアル・マドリードでの3度のチャンピオンズリーグ、ドイツでのワールドカップなど、輝かしいキャリアの中で、クラブと国の両方で多くの勝利を収めてきた。

ダビド・アラバ(18歳)

過去10年間、バイエルン・ミュンヘンの中心選手として活躍してきた多才なディフェンダーは、現在では数々のメダルを誇っています。


ジョルジニオ・ワイナルドゥム(19歳)

ジョルジニオ・ワイナルドゥムは2015-16シーズンにニューカッスル・ユナイテッドで活躍をしたが、リバプールに加入してからはさらに新たなレベルに引き上げ、ユルゲン・クロップ監督が率いるチームの重要なメンバーとして人気を博しています。

ストライカー

ネイマール(18歳)

ネイマールは2011年にはすでに、サントスでのパフォーマンスによって、ヨーロッパのトップクラブの注目を集めていました。

このブラジル人はバルセロナで4シーズンを過ごした後、2017年にPSGへの記録的な移籍でカタルーニャのクラブを驚かせました。

ネイマールは、執筆時点でパリで89試合に出場して72ゴールを記録し、昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献しています。


ロメル・ルカク(17歳)

チェルシーでは、このベルギー人は公正な評価を与えられていなかったが、ウェスト・ブロム、エバートン、マンチェスター・ユナイテッドで多くのゴールを決めています。

ルカクは現在、インテル・ミラノでプレイをしており、57試合で41ゴールを挙げています。

アレッシャンドレ・パト(20歳)

パトは、初期の頃はとてもセンセーショナルに見えましたが、悲しいことに、次のロナウドになることはできませんでした。31歳のパトは現在、サンパウロを離れてフリーエージェントとなっています。

ヤヤ・サノゴ(17歳)

ヤヤ・サノゴは現在27歳。どうしてそうなったのか!?

元フランスU-21代表のサノゴはアーセナルで苦戦し、今年初めにトゥールーズを退団してフリーエージェントにもなっています。

トーマス・ミュラー(20歳)

このドイツ人は過去10年間、バイエルン・ミュンヘンとドイツで素晴らしいキャリアを積んできました。


アンドレ・シュールレ(19歳)

2014年のワールドカップで優勝したドイツ代表のメンバーであるアンドレ・シュールレですが、クラブでのキャリアは、国際的な実績よりも印象的なものではありませんでした。このウィンガーは今年の初め、わずか29歳で引退し、トップリーグのサッカーの一部である孤独と終わりのない競争に向き合いたくないと述べました。

マリオ・バロテッリ(19歳)

もし彼がもっと自分の職業に専念していて、フィールド外のドラマを避けていたら、おそらくマリオ・バロテッリは彼の可能性を発揮できていたでしょう。昨シーズンに降格したブレシアを退団したバロテッリは、現在フリーエージェントです。

ソン・フンミン(17歳)

28歳のトッテナムのフォワード、ソン・フンミンは、プレミアリーグの最高の選手の一人であり、年々輝きを増しています。


ディフェンダーは外し気味だけどミッドフィルダーは当たっている気が。フォワードはボチボチといったところでしょうか。例えばフィジカルを武器に戦っていた選手がビッグクラブへ移籍をして多くを求められて活躍をできなかったり、メンタル的な問題を抱えてしまったり、怪我をしてしまったりと上手く行かない原因はたくさんあります。「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである。」という言葉もありましたね。

元ネタ:Football Manager: The 33 wonderkids on FM 2011 - Where are they now?

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ