リーグ1(フランス)のシーズン前予想9位のクラブでリーグ戦を2位で終えたのでメモ

2020年8月13日木曜日

Football Manager Football Manager 2020

t f B! P L
Football Manager 2020で予想外に良い結果を残したので戦術と選手を軽く紹介。
使ったクラブはRC Lensで昇格した次の年にクラブの監督に就任をして、7位->9位といった感じで3年目に大きくジャンプアップして2位になった感じだ。
シーズンプレビューでは9位の予想で、実際に戦力もそんな感じ。

流石にPSGが強すぎる。

ちなみに去年の順位。

戦術は個人的にいつも使っている4-3-3で、Youtubeでの配信のマンチェスターユナイテッドなどで使っていたもの。バランスが高いCMを使うのがキモな気がする。


スタメンの選手は主に以下のような感じ。
GK

DR

CB



DL

DM

CM


AMR

AML

FW

個人スタッツは以下の通り。FWが23得点で頑張っているのもあるが、ウイングとミッドフィルダーも満遍なく高得点を取っているのが印象的。逆にCBの得点が合計でも1点とほぼなく、セットプレーは微妙だったのか。右ウイングのTony Mauricioが控えなのに8アシストもしている。

8アシストをした控えのTony Mauricio選手。去年はスタメンで1アシストしかしていないのだが…



去年とのスタメンの入れ替えは以下のような感じ。左が今年スタメンになった選手で、右が去年の同ポジションのスタメン選手という感じ。

CB

CM

AMR

FW

CBは微強化、CMはほぼ一緒、AMRも強化、FWはかなり強化された感じだ。
この時の選手獲得の方針はリーダーシップが高い選手の獲得で、実際にCBとFWがリーダーシップの高い選手で、CBのRodrigo Becãoはキャプテンを務めている感じだ。この方針が功を奏して順位が去年と比べてジャンプアップしたのかもしれないが、AMRやFWが強化されたおかげかもしれないし、原因は他のところにあるかもしれない。

このブログを検索

プロフィール

サッカー監督シミュレーションゲームのFootballer Managerに関する動画やサイトを作っている人です。 かれこれFM2013からやっているけど、永遠の初心者。 好きなサッカークラブはイングランドのニューカッスル・ユナイテッド。 当ブログではプレイしているゲームについての...

QooQ